ここから本文です

人狼 JIN-ROH (1999)

監督
沖浦啓之
  • みたいムービー 56
  • みたログ 603

3.51 / 評価:215件

何これ?切な過ぎてやばい…

  • mpp***** さん
  • 2019年6月10日 2時35分
  • 閲覧数 1035
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

観客に媚びていない作品。
(いや、恋愛模様があるだけ譲歩しているんだろうけど…笑)
こんな設定の映画に興味を抱く人ってどれだけ居る?って話で、天才と称される押井守が手掛けたマイナー設定な脚本を、見事な大衆映画に創り上げた沖浦啓之監督も凄い人だと認識させられた。

感想は一言、“切ない”。
無論もっと切ない設定の映画も有るだろう。
しかし、この世界観でこんなストーリーを語られたら…過去最強の切なさに襲われた。どうすんだ俺(笑)

お薦め度は…たまに居るでしょ?「白黒映画は観る気しない」とか「フランス映画は退屈」「世界観って必要?」とか言う人。あなたがそういったタイプで無ければおススメです。特にロマンティストにはたまらないはず…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ