ここから本文です

ジャック・ブル (1999)

THE JACK BULL

監督
ジョン・バダム
  • みたいムービー 1
  • みたログ 14

1.83 / 評価:6件

良い意味で「後味の悪さ」のある西部劇

  • suntory_whisky_kakubin さん
  • 2009年11月18日 9時33分
  • 閲覧数 298
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

時代劇に「チャンバラ映画」と「非チャンバラ映画」があるように、西部劇にも「アクション映画」と「非アクション映画」の2通りがあるが、この映画は明らかに後者である。
カッコイイ撃ち合いシーンが出てくるようなアクション西部劇は期待しない方がいい。
しかし、ウエスタン文化にも興味がある西部劇ファンにとっては、興味をそそられるシーンも多い。

この作品はまず、"絵"が美しく、映像に見とれてしまうカットも少なくない。
また、脚本の展開も巧妙で、ついつい主人公に感情移入してしまい、退屈感とは無縁だ。
そして何と言ってもこの作品が秀逸なのは、見終わった後、何ともやりきれない気持ちになり、憤りさえ湧き起こってくるという、良い意味での「後味の悪さ」である。

そろそろアクション映画に飽きてきたら是非おすすめします。名作です!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ