ここから本文です

サイダーハウス・ルール (1999)

THE CIDER HOUSE RULES

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 407
  • みたログ 2,940

3.93 / 評価:659件

三つのルール

  • ガンガーを眺めて さん
  • 2009年11月24日 19時57分
  • 閲覧数 399
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画の中には三つのルールが出てくる。

1、法
2、神の定め
3、その場その場での行動規範

1、2なんかはかなりかぶる部分は多いと思いますが、日本社会に生きているとよく分からないので悪しからず。

この映画の中には様々なルール違反が出てくる。
堕胎、不倫、近親相姦、身分詐称といった重いものからタバコをベットの上で吸うといったものまで・・・

この映画の中で主人公は様々なルールを目の前にする。
そして、それらを破ったり守ったりする中で様々なルールがあふれる社会の中での自分の生き方を定めていく。

最終的に彼はルールを破ることで自己実現を果たすのだ。

しかし、そのような重い題材を扱うにもかかわらずこの映画は温かい。
ルールを破って生きていくものをアウトサイダーとしてはとらえていない。

人間を観る温かなまなざしというものを全編において感じることができる。

ルールを守るにしても破るにしても大切なもの。それは・・・
相手に対する思いやりの気持ち。
自分を見つめること。

そんなシンプルなことが伝わってくる優しい映画だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ