ここから本文です

サイダーハウス・ルール (1999)

THE CIDER HOUSE RULES

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 388
  • みたログ 2,894

4.26 / 評価:617件

主人公がニュートラルだから救われる

  • libertybunny67 さん
  • 2009年8月11日 13時35分
  • 閲覧数 268
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

結構、悲劇的な展開もあるのですが、主人公(トビー・マグワイア)が淡々とそれらに接してゆくため、救われました。人によっては、この主人公の感情の起伏のなさが物足りない、ということになるかも知れません。私の場合は、それが救いになりました。事態の深刻さに過敏に反応して、泣いたり叫んだりされると、こっちが疲れてしまうので。

ざっくり言えば1人の青年の成長物語ですが、メイン州の豊かな自然が織りなす風景とともに、とても爽やかな作品でした。リンゴを持ってきたのもいいですね、青春の香りがして。

最後、ベッドの中の子供達と同じ気持ちで、私も笑っていました。
物語と一体化してたんだなと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ