ここから本文です

アンドリューNDR114 (1999)

BICENTENNIAL MAN

監督
クリス・コロンバス
  • みたいムービー 358
  • みたログ 3,329

4.13 / 評価:952件

不朽の名作

  • nag***** さん
  • 2021年1月6日 22時23分
  • 閲覧数 265
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

簡単にまとめると「一体のロボットが人として死ぬため頑張った物語」です。
 主人公であるアンドリューはロボットでありながら徐々に自我を持つようになり、自分の主人や、愛した人との別れや新たな出会いを経ながら、自分が人間になるために少しづつ自分の体の部品を変えていきます。
 『A.I』を見た後にこの作品を観ると、アンドリューがどれだけ周りの人々に恵まれていたかが分かります。それだけに、この作品のラストが優しくも切ないものだと感じました。
 主演のロビン・ウィリアムズ氏の演技も見事で、最初から最後まで見事にアンドリューというキャラクターを演じきっていました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ