ここから本文です

マイ・ハート、マイ・ラブ (1999)

PLAYING BY HEART

監督
ウィラード・キャロル
  • みたいムービー 85
  • みたログ 415

2.77 / 評価:75件

全カップルに突っ込みをいれようか、、、

  • oni***** さん
  • 2011年6月25日 18時10分
  • 閲覧数 1612
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

はい。今回はこの作品「マイ・ハート、マイ・ラブ」について語っていきましょう。

正直、うーむ、、、です。自分が偏屈なものの見方しかできないからでしょうか。色々突っ込みどころが満載で、最後にうまくまとめようと無理をした感じが否めませんなぁ。


まずショーン・コネリー氏とジーナ・ローランズ氏の老夫婦。過去の浮気を掘り返して、喧嘩になるもショーン氏の「彼女と恋をできたからこそ、君の魅力に気付いた、君の事が好きだと気付いた」なんてニュアンスの事を言って、ジーナ氏は半ば納得しましたが、、、
いやいや笑 なんか男の都合のいいようにまるく収められてるだけだから、、、それで女が許してくれるなら浮気し放題じゃないすかー


あと関係が完全に冷めきっていたデニス・クエイド氏とマデリーン氏夫妻。夫のデニス氏の想像力のなさ??に不満をい抱いてる妻マデリーン氏。でも最後の、アンジー氏の彼氏が「あのゲーム最高でしたよ。よくあんなことが思いつきますね。」とデニス氏のつくったゲームを褒めるシーンでは、妻は尊敬のまなざしに変わって、、、単純かっ、、、て
まぁその前に不倫関係を断つ決意はしていたものの、、、単純かっ、、、て笑


アンジー氏とエイズの彼との恋も、正直あのアンジーの破天荒ぶりをみる限りまだまだ若いこともあり、長くは続かないだろうという悲観的な目で見てしまうのは私だけでしょうか、、、


で、ジリアン・アンダーソン氏、、、。無理笑
よくもまぁこんな卑屈な女を追いかけたなぁ笑 なんか勝手に自分で発狂して、、、被害妄想も甚だしい(゜o゜)私なら確実に惹かれない方でしたねぇ、、、笑


あー気付いたら全部のカップルに突っ込みを入れてしまってるではないか、、、笑
この作品が大好きな方、ごめんなさい。もっとこの作品のいい部分も観れる視野の広さ持てるようになります(=_=)

最後に、、、
・ジーナ・ローランズ氏はもう「きみに読む物語」と同じような格好でもうそのキャラにしか見えなかった、、、笑 あと「パリ・ジュテーム」の時もそんな格好だったかなぁ、、、赤は似合いますけどね。
・エイズについては少し考えさせられたなぁ。自分ももしそうなら、彼みたいに、人との関わりを断つだろうなぁと思った。でもそんな人にとって周りにアンジーみたいな人がいれば生きる希望になるんだろうなぁ、、、


ということで突っ込みどころ満載の☆2つかなぁ。

さてさて次は何を観ましょうかなぁ~(・へ・)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ