ここから本文です

暗戦 デッドエンド (1999)

暗戦/RUNNING OUT OF TIME

監督
ジョニー・トー
  • みたいムービー 13
  • みたログ 135

3.81 / 評価:37件

男の友情ネバー・ダイ

[A]


誰かジョニー・トーを止めてくれ!
いや、止めないでくれ!

ため息すら漏れるほどに良い映画を作ります。

5件連続で彼の監督作品観ちゃったよ☆


++++++++++++


『暗戦 デッドエンド 』(原題「暗戦」)
余命4週間と知ったアンディ・ラウは金融会社をジャック!
交渉人に指定されたのはラウ・チンワイ
「これはゲームだ。72時間以内に逮捕してみろ!」と挑戦を持ちかけられることから始まります。

なぜ彼は銀行ではなく金融会社に立て篭もったのか。
なぜホー刑事を選んだのか。
この謎が引っ張っていく筋となります。


いつもながらに感じる無駄の無さ、説明の少なさ。
「低予算舐めんなよ!」の姿勢を貫くトーさん素敵です!


まず素晴らしい役者陣を。

アンディ・ラウは本作の演技で念願の映画賞を獲得しました。
アイドル風のルックスは夜の香港によって引き立てられ、
刹那に生きる姿も夜の香港に抜群に合います。

しかしアンディ1人に美味しいとこを持っていかせないのがジョニー・トー。
そこはお気に入り役者(アンディもですが)をぶつけます。

そうです、ラウちんです。
『ヒーロー・ネバー・ダイ』でレオン・ライを、
『ロンゲスト・ナイト』でトニー・レオンを喰ったラウちんです。

今回もアンディと互角に渡り合ってます。
彼の魅力は派手な格好(テンガロンハットやスキンヘッドなど)を用いなくとも失われません。
本当に素晴らしい役者。

『スーチーinミスター・パーフェクト』でダメ上司を演じたホウ・シウホンは本作に至っても部下であるラウちんの足を引っ張ります。

もちろんラム・シューも出てます(笑)

唯一の女人物はモーモー・ヨン。彼女とアンディのやりとり痺れた。



さて、「男の友情ネバー・ダイ」なんて書きましたが、
ノワールものの定番&ジョニー・トーの好きな題材です。
それが僕も好き。

刑事と犯人の奇妙な友情。
「昨日の敵は今日の友」ということです。
実際、3日間の出来事ですし。


捕まえそうになっては逃げられの繰り返し。
いつしかアンディ逮捕に執念を燃やすラウちん。

こんなの腐るほどあります。
そこはジョニー・トー!
生半可なことで友情は生まれません。

本作ではドライブによって友情が生まれます。
いいよね、ドライブ。


【第一ラウンド】
犯行現場から逃げるアンディはタクシーに乗り込む。
一歩先を読んでいたラウちん、運転手に化けてます。
向かうは警察署。
だがしかしアンディは後部座席の窓から、一般市民に銃口を向けます。
甘いぜ、ラウちん。
アンディの勝ち!


【第二ラウンド】
今度はアンディが運転する車に乗り込んだラウちん。
銃を突きつけてそのまま警察署に行くように命じます。
しかし余命を知ったアンディ、従うはずもありません。

全速力で走る車は壁に直撃!
車内で全進を強打する2人。
立ち上がるのはラウちんか?アンディか?
アンディの勝ち!


【第三ラウンド】
すでに友情めいたものを感じる2人。
アンディ&ラウちん「俺たちは友達だよな!」

あっさり手錠を嵌められるアンディ(笑)
イイ奴だろうと捕まえたかったラウちん、かなり自慢げ(笑)


2人を乗せたオープンカーのBMWが颯爽と夜の香港を走り抜けていきます。


お~っと!フロントガラスに鮮血が!
命の期限が迫っているアンディはありえないほどの血を吹きます。

そしてアンディは「ありがとう」と言いながら、膝元から爆弾登場!!

ここからは号泣必至!


「ゲームだろ?」と、ラウちん。
「疑うのか?」と、アンディ。

信じられないラウちんがスイッチ押したら時限爆弾発動!


「俺は平気だ。いつ、どうやって死のうと構わない。刑務所でなけりゃ」

そう言い放ったアンディは首をもたげたまま動かない。
ラウちんは一瞥し、何も言わずに車を走らせる。


男すぎる…。
もう泣くしかないでしょう。
この時のラウちんの表情だけは反則。
エンリオ・モリコーネっぽい哀愁漂う音楽も反則。



そこからは秘密にしておきます。
ここまで書くと『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』と似た展開かもしれません。
本作では更にもう一展開とかありますけど泣けるのは一緒。

違うのはロケーション(海か夜の香港)だけ。
いやいや、負けてません!
あのドイツの名作に一歩も引いてないんです!


本作はジョニー・トーが仕事の合間を縫って1年3ヶ月かけて作った映画。
信じられん。

初期にして既に作りたい映画の基盤は完成していました。
「男(漢)の友情ネバー・ダイ」でしょう。

[A+]評価こそ見送りましたが、それに値します。

オススメします!




最後に
Yahoo!映画での香港俳優の写真のアップの無さといったら…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ