ここから本文です

隣の女 (1981)

LA FEMME D'ACOTE/THE WOMAN NEXT DOOR

監督
フランソワ・トリュフォー
  • みたいムービー 31
  • みたログ 264

3.51 / 評価:57件

必然性とは別のところで。

  • 文字読み さん
  • 2018年3月28日 14時56分
  • 閲覧数 541
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1981年。フランソワ・トリュフォー監督。妻子と幸せに暮らす男の隣に、ある日、航空管制官の男が引っ越してきた。ところが、紹介されたその妻はかつての苦い恋愛相手だった。最初は女の方が、そのうち男の方も気持ちを抑えられなくなっていき、、、という話。

トリュフォー監督の恋愛はすれ違いが基本で、二人の思いが一致する蜜月は一時的。この作品もその例に漏れず、気持ちの盛り上がりが一致せずにぎこちないやり取りに終始している。二人とも少々極端な病的体質であることがことをややこしくしていき、最後の悲劇的結末に。

そして、こんなにシリアスな恋愛悲劇なのに、男たちの仕事は子どもの想像力の延長線上にある。タンカーの操縦実験(船、ミニチュア)、航空管制(飛行機)、編集者。職業の選び方に、人間の遊興的側面を描き続けたトリュフォー監督らしさが現れているのかもしれない。恋愛さえも自然性や必然性とは別のところで、つまり遊興的なところで起こっているようだ(今作の場合は、病的なところで)。まさに現代的な人間の生。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ