ここから本文です

夢を召しませ (1950)

監督
川島雄三
  • みたいムービー 0
  • みたログ 4

3.25 / 評価:4件

松竹歌劇の絢爛さ♡

  • bakeneko さん
  • 2012年11月28日 8時01分
  • 閲覧数 561
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

菊田一夫の原作を川島雄三が映像化したもので,ある少女の幻想を1時間ほどのミュージカルで見せる“絢爛豪華&才気闊達な映像と音楽の融合”に楽しいひと時を過ごせる快作であります。

松竹少女歌劇団総出演!が売りの作品で,現実世界の冒頭から幻想へ移行してからの見事なダンス&音楽シークエンスを楽しむ“歌劇団”映画ですが,スラップスティック的な喜劇モチーフや特撮&アニメーションの挿入に川島の才気も光っています。
そして,当時の松竹の看板スター:秋月恵美子 ,芦原千津子 ,曙ゆりの熱演に,コメディモチーフの殿山泰司(まだ“ハゲの役柄”にはハゲ鬘が必要だったのね),望月優子(若い&可愛い!),岸井明,高屋朗の怪演,そしてデビュー仕立ての津島恵子が初々しい魅力を見せてくれます。

歌やバレエ&ラインダンスはもちろん,本家顔負けのタップダンスや群舞にも見とれる愉しい作品で,宝塚歌劇団に負けないエンタテイメントを提供していた松竹少女歌劇団の全盛期の輝きを満喫できる映画であります。



ねたばれ?
「カリガリ博士」の眠り男の名前はセザールではなくて,チェザーレです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ