日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声
3.2

/ 11

27%
18%
18%
18%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • stanleyk2001

    4.0

    こんな戦争なんか誰が始めたんだ

    「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」1950(昭和25年) 「君は学校はどこだ?」 「俺は早稲田だ」 「俺は慶應だよ。野球場のスタンドで、もしかしたら会ってるな」 「何しろアルコールが全然ないんで患部にウジが湧いている始末です。ガーゼはバナナの葉を晒した繊維ですし包帯はトウモロコシの葉で、それももうないんです」 柴山少佐「今呼ばれた7名は現在地にとどまって最後まで戦い抜いてもらいたい。お前達を置いていくのは誠に忍び難いが師団命令とあってみれば如何とも仕方がない。どうか潔く命令に服従してもらいたい」 木村見習士官「自分は出征してから元より生還は期しておりませんでした。たとえこの場に倒れても魂魄止まって戦場を駆け巡ります。どうぞご安心ください」 柴山少佐「うむ。それでこそ昭和の青年学徒じゃ」 下士官「今から7名のものに手榴弾を支給する」 「行っちゃうのか?」 「うん、行けるだけ行ってみるよ。お袋が俺を呼んでる様な気がするんだ」 「俺はダメだ。色々世話になったな」 「何を言ってるんだ」 「行ってくれ」 「さよなら」 米兵「親愛ナル日本ノ兵隊ノミナサン。アナタガタハナンノタメニニ戦争ヲシテイルノデスカ?御国ノ為ダ、天皇陛下ノ為ダト指導者ヤ政治家ヤアナタガタノ上官ハ言ウデショウ。アナタガタノ上官ハ安全ナ場所ニイテアナタガタニ苦シイ戦争ヲサセテイルノデス」 岸野中尉「大隊長殿、このままでは全滅です。腹を決めてください。こんな状況では部隊を連れて退却する事は困難です。頑丈な兵隊を2、3名連れて我々だけは先にいきましょう。部隊は全滅ということにして兵站司令部に報告すれば良いでしょう」 「大隊長が逃げたぞー」 「ちきしょう。誰がこんな戦争なんか始めたんだ」 東映名誉会長・岡田茂さん(当時24歳)の実質的な製作第一作。そして日本初の「反戦映画」。東大から学徒出陣した岡田茂さんは東横映画に入社。死んでいった同窓生の為に映画化に力を尽くした。スターも出ていないし時代劇でもないしと社内では反対もあったが反対派を説得して完成に漕ぎ着けた。 当時東大の学生だった氏家齊一郎(後の日本テレビ社長)や渡邉恒雄(後の讀賣新聞主筆)から「天皇制批判が足りない」という猛抗議を受けたが撮影現場に参加させて協力させたなんて凄いエピソードもある。 「この作品にはスターなんかいらない。芝居が上手い奴が必要なんだ」岡田茂さんの熱意に意気を感じた杉村春子さんも参加。優しい母親役を演じている。 左脚がない千葉上等兵を演じた恩庄正一さんは本物の傷痍軍人。両手義手の元兵士が出演した「我らが人生の最良の年」を思い出す。 公開翌年、東横映画は東映になる。東映の原点とも言える作品。未来や希望を叶えられず死んでいった学生達の無念がこめられた力作だ。71年経った今でも凄惨な希望のかけらもない戦場描写には胸を打たれる。

  • moe********

    5.0

    東映 岡田茂氏の初プロデユース作品

    東映 岡田茂氏は、映画に憧れ東映(京都撮影所)に入社した。彼の初プロデユース作品であり、東映映画の初めてといえる自主製作映画ともいえる。 ストーリーは、他の方に詳しい。ここでは裏話を! (1)低予算との闘い。 舞台はビルマであるが、ロケ費用など捻出できない。岡田氏は、ロケハンを奈良春日山において、撮影”組”全員に「お寺」に宿泊し、費用捻出した。 主演は大物キャストは起用できないので、新人の沼田曜一さんを起用、また佐野浅夫氏や俳優座の信欣三さんを起用、人件費を節約した。 亜熱帯の広葉樹シーンでは、宮崎の青島を利用した。宮崎交通の創業者岩切章太郎氏に事情を説明し、安い旅館や無料の送迎バスを用意してもらった。 ビルマの激戦シーンは奈良で撮影した。時節柄、GHQの承認が必要であったが、大爆発シーンを撮影したあと、進駐軍がチェックに来た。そのときGHQの担当者は、岡田氏の許可書を見て、「OK 問題ない」とクレームを避けることができた。 (2)五島慶太氏を泣かせた。 作品は大成功であり、当時は東横映画といい、東急傘下であった東映、「五島慶太」氏に認められた。 五島氏は、この作品を見て泣きまくり、「息子の五島昇の弟に進という子がいたが、ブーゲンビィルで戦死してのお、・・・おれはあの映画見て泣いたよ、悲しいよ」と評価された。 岡田茂氏の東映映画第一歩作品であり、東映映画としても記念碑と言える作品である。 岡田茂氏の映画に対する情熱、愛情が初めて開花した作品である。

  • gar********

    2.0

    ちょっと難しいかも^^;

    第2次世界大戦戦没学生の手紙や手記をまとめて出版された『きけ、わだつみの声』を基に製作された、いわば戦後日本の反戦映画第一号ともいえる名作 学徒出陣で出兵していった青年達の生と死と友情をフィリピン戦線を部隊として描いた作品 部隊と言う物の不条理・死を前にした人間の本能の醜さ・・・ 戦争と言う物を知らない現代の若者が、もしその場に投げ込まれたら・・・ 内容は非常に深いですが、この作品はちょっとグロさが気になります^^;

  • hir********

    5.0

    インテリの「反戦映画」だが、観る価値あり

    戦後5年たって、創られたインテリの「反戦映画」 ちょっと、鼻につくし、大袈裟な部分もあるが、 「戦争反対!」の「想い」は、激しく伝わって来る。 少なくとも、最近の戦争映画より数百倍リアルでおぞましい。 「狂っている」としか言いようの無い兵隊描写は、 下手なホラーなど、裸足で逃げ出す、「花沢徳兵衛」「佐野浅夫」怖すぎです。 強烈なのは、原保美扮する鬼中尉。 ホントにここまで、酷かったのかなぁと思ったけど、 考えてみると、今の社会にもこれぐらいのヤツは、いるかぁ・・・ この外道が言った「お国のためだ・・・」は、強烈! 今だったら、「会社のためだ・・・」になるんだろうなぁ・・ あ~あ、いつの時代も「兵隊」は哀しいなぁ・・・ ビルマ戦線を描いた映画ですが、 ラストの戦闘シーンは、ガチで地獄です。 偉そうにふんぞり返っていた連中が、イザという時、とった行動。 あんまり過ぎて笑っちゃいました。いくらなんでも・・・・ しかし、こうした描写が戦後5年で許されたというのも、 考えてみれば、凄い。反省してたんだな・・本当に・・・ 若い人には、「本物」として観て欲しい。 多少、大袈裟ではあるけど、変な戦争映画観るより「戦争」を実感できる。 ただし、モノクロだけど、強烈なグロもあるので、「ビビリ」には薦めません。 観る価値は充分在る。

  • どーもキューブ

    5.0

    日本人のしぼりとる生

    1950年作、監督関川秀雄(他二人)。魂の叫びのような素晴らしい映画だった。本作をフィクションでなく限りないリアルとして受け止めたい。それにはあまりにも惨たらしい。グロイとか臭いものに蓋とか見たくない歴史の汚点とかそんなありふれた言葉で本作を形容したくない。やはりこんな姿が日本人にあったのだと混濁した真実として自分は受け止めたい。過去の回想シーンが度重なり、また、物語に絡む劇的なものでじゃないのでチョイ混同してしまう。インテリな人や狂った人も出現。だがみんな日本人だ、優劣皆無。彼等は泥だらけの兵士なのだ。ビルマで貧する兵士達の生。彼ら曰わく「しぼりとる生」が展開。ラストの彼等の行進は未来への伝言として聞こえました。彼等わだつみの声が心を震えさせました。今まで見た邦画戦争映画で一番凄かったです。美談じゃない、コレが本当だろ!という肌触り。覚悟必須ですが、やはりおんなじ日本人として多くの方にみてもらいたい作品だと痛感。ラストの細かい惨状は凄まじいです。日本映画の魂こもった戦争映画です。(追悼)多くの犠牲者の皆様、あらためてご冥福お祈りします。

  • kyo********

    2.0

    生々しい反戦の意志

    戦没学生の手記を素材にした戦後5年を経てのリアルな「反戦意志」が表現されています。 その時代的な意志を伝えてくれるという意味で価値があります。 ただし表現的なふくらみ、重層性、ドラマの構築といった映画としての出来栄えは感心できるものではありません。 表現的な見所としてはラストシーンあたりの悲惨な日本軍の敗戦行。 これは「西部戦線異常なし」の日本版を作ろうとしたのでしょう。 当時の手記が検閲に近い状態での社会状況下で改竄されしまい、一面的な 内容になった事が指摘されています。 映画も当然その枠組みの中で作られています。 インテリ学生、インテリ層の、それも一面的な価値観からのみ戦争と戦場が描かれています。 兵隊の主観、兵隊の視線からというよりも手記という机上のフィルターを通じて作った限界をどうしても感じてしまいます。 「拝啓天皇陛下様」 という兵隊の目から見た戦争映画の絶品が生まれるには、ここからなお十数年の月日が必要でした。 その十数年という月日は果たして長かったと言えるのでしょうか、 短かったといえるのでしょうか…。

1 ページ/1 ページ中