ここから本文です

君と行くアメリカ航路 (1950)

監督
島耕二
  • みたいムービー 1
  • みたログ 4

3.80 / 評価:5件

最新(1960年は未来!)の水着デザインは…

  • bakeneko さん
  • 2017年3月1日 19時49分
  • 閲覧数 172
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

30年ぶりに横浜に帰って来たアメリカで成功した画家:斎藤達雄と、バーの雇われマネージャー:風見章子&デザイナーの卵である少女:香川京子(デビューしたばかりの19歳♡)の姉妹との出会いと意気投合、そして水着デザインコンテストへの参加…とトントン拍子に話が進むヒューマンドラマを、当時の人気歌手:暁テル子&灰田勝彦の歌をふんだんに取り入れて綴ってゆく鷹揚な戦後喜劇で、島耕二監督は自作である「東京のヒロイン」のポスター(野口久光の作)を大きく写したり、登場人物に“この映画の主題歌を灰田勝彦さんに歌っていただきましょう!”と言わせてフィクションの壁を破ったり…と様々なギャグを採り込んでいます。
で、本作は完全な形で残っていないことでも有名な作品で、レビューや歌唱シークエンスのみをパートカラーにした映像部分が欠失していて、現在では黒い画面に音声のみとなっています。歌唱場面は見当が付きますが、本作の見所である水着ショーメドレーを見ることが出来ないのは残念至極であります。
カラーパートの発見と修復がなされた完全版を見る日を切望する明朗娯楽作で、飛行機ではなくて船での海外旅行が主流であったことも風情を感じさせますよ!

ねたばれ?
劇中のモダンなデザインは、日本におけるグラッフィックデザイナーの草分けである:河野鷹思によるものです。バックの空模様や窓から眺めた情景&建物の描割りにも注目しましょう!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ