ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

七色の花 (1950)

監督
春原政久
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

未評価

解説

 朝日新聞に連載された中山義秀の同名小説を八木保太郎、清島長利、舟橋和郎、新藤兼人の四人が脚色し、春原政久がメガホンをとった。流行作家をめぐる恋愛模様をユーモラスに描く。撮影は「女性対男性」の永塚一栄。  踊りの師匠である中村小萩は、近藤という男に囲われ海辺の家に一人で暮らしている。海岸で知り合った文学青年の泉太平から作家の海老原を紹介され、小萩は海老原と付き合い始めた。海老原は小萩との結婚を考え始めるが、近藤の存在が気になり踏み出せない。そのころかつての恩師の娘である柏木照子が、海老原のもとを訪ねてきた。小萩は海老原と磐梯山へ駆け落ちする計画を立てるが、犯罪に巻き込まれた太平を救うため警察へ。小萩にふられたと勘違いした海老原は、一人で磐梯山へ向かうのだが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ