ここから本文です

雪夫人絵図 (1950)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 2
  • みたログ 37

3.33 / 評価:15件

理解しづらい雪という女の性(さが)・・・

  • tot***** さん
  • 2012年8月26日 15時54分
  • 閲覧数 893
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品で木暮実千代演じる雪の、放蕩な夫を嫌いながらも肉欲は受け付けるというところが合点いかなかったし、いざとなると別れられない情けないまでの弱さを感じて、観ていていい感じがしなかった。雪を慕う菊中(上原謙)も情けない男だし・・・。スッキリしない人間が多く出ていた。この作品では悪いヤツを演じた山村聡、いいたいことをいう女中(浦辺粂子)は役柄のいい悪い関係なくよかった。中途半端な役柄と感じた久我のラストのセリフは印象的。溝口らしく、モノクロ撮影・カメラは綺麗だったが、女の哀しさを描くについてはちょっと無理を感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ