ここから本文です

若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷 (1950)

監督
中川信夫
  • みたいムービー 1
  • みたログ 3

1.00 / 評価:2件

シリーズ1作目。若さまはぐうたらです。

  • mal***** さん
  • 2015年11月8日 11時29分
  • 閲覧数 186
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1950年に公開された時代劇シリーズ1作目です。その後主演俳優も変わったり、映画会社も変わったりしながら10作以上のシリーズ作があります。

さて記念すべき1作目は能面を被った賊が次々と人を殺し、江戸の町を恐怖に陥れる事件が発生。それを若さま侍が解決するという、いわばオーソドックスな展開を示す映画に仕上がっています。

事件の真相はそれなりにひねって面白かったのですが、ことあるごとになぜか歌い始めるかわら版屋や、小唄を歌う女性が多すぎて上映時間を稼いだりするのはまだ良いよいとしても(ホントはあまり良くないんですがね)、主人公の設定が個人的には納得できないというか、あまり好きになれないんですよね。

名家の跡取りが嫌で町民になり自由に生きるのは良いとしても、結局生活費なんかは受け取ってるんですから、まあのんきなもんです。それに岡っ引きに対して自分は横になりながら〝確かめてみな〟と言い放つ姿は、ただのぐうたらにしか見えませんでした。

とはいえ、2作目も録画してるので、一応そちらを鑑賞してから「若さま侍」シリーズの全体像がようやくわかるのかもしれません・・・あまり期待はしてませんがね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ