飛べ、バージル/プロジェクトX
3.7

/ 27

22%
33%
37%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • uso********

    2.0

    おサルが飛行機を操縦する?

    今にして思えば、知能の高いチンパンジーに高度な教育を施し、最後には飛行機を操縦させてしまうという、「猿の惑星 創世記」を彷彿とさせる内容。この映画が参考になったのかもしれない。マシュー・ブロデリックと、利口な猿のバージルの交流をほのぼのとしたタッチで描き出す、ハートウォーミング・コメディ。今見ようと思っても、なかなか大変でしょうが、再放送なんかでやっていたら、一見の価値はあるかも。

  • hat********

    4.0

    ある意味トラウマ

    小学生のころ初めてテレ東で見て、たいへんショックを受けた作品です。 子供ながらに、人間がサルにした事が「よくないこと」だとは理解できたので。 見直したいのですが難しいですかね。

  • cad********

    3.0

    バージルたちの運命は・・

    アメリカ軍の極秘実験施設を舞台に、人間と動物との交流をファンタジックに描いた感動作です。ファンタジーと言っても、チンパンジーと人間のコミュニュケーションは自然で違和感は無いし、チンパンジーの知能を考えれば極秘実験も普通に有りそうな気がしてきます。 強いて残念な点を上げれば、チンパンジーのキャラが少し生意気なところ・・。 動物実験にされるという可哀想なテーマなのだから、もっと同情を誘うような演出があれば、感情移入することでさらに心にぐっときたはず。その辺の描き方はあっさりしていて、悲壮感も無いです。まあこれは他の愛くるしい動物と比べてチンパンジーが見た目で損をしているという問題かも・・。 でもラストは、飛べ!と題名についてる通り上手く感動的にまとめていていい作品です。

  • Kurosawapapa

    5.0

    動物映画の中で、1番好きな作品です!

    この映画は、1987年製作で、自分は当時、映画館で鑑賞し、 チンパンジーの名演技、描写に心打たれ、 さらに、純粋な感動に、たっぷり浸った作品です。 動物映画としては、自分の映画歴の中で最も好きな作品で、 以前、ヤフオクでレンタル落ちビデオを落札し、今でも大事なコレクションとして持っています。 核戦争が起こった時、放射能を浴びたパイロットが何時間生存し、何時間操縦できるか、 そのテストを、人間に近いチンパンジーを使って実験している空軍の秘密計画。 その残虐非道なプロジェクトを、1人の兵士が暴き、もう1人の女性研究員とともにチンパンジーを救出する物語。 このページの作品トップにある映画説明によると、 「人間と動物の交流を描いたヒューマンコメディ」 とありますが、 コメディというより、歴としたサスペンスタッチの感動作です。 マイナーなのが、とても惜しまれる作品です。 チンパンジーの犠牲を厭わない空軍の上官と、動物を愛する心優しき落ちこぼれ兵士の、 正義 対 悪の構図もはっきりしており、 ストーリーも解りやすく、子供でも楽しめるような作品ですが、 チンパンジーの織りなす表情、演技には、驚きを隠せません。 高い知能を持つチンパンジーが手話を通して訴える姿や、 喜び、 怒り、 悲しみの表現は、 人間を食ってしまうほどの名演技です。 特に彼らが表現する 安心、 不安、 絶望 などは、 人間が表現しても難しそうなところ、 考えられないほど、見事に伝わってきます。 表情豊かなチンパンジーに、 驚かされ、和まされ、そして泣かされます。 もちろん可愛らしさも目一杯描かれ、動物好きの方であれば、さらに必見です。 また、チンパンジーを救おうとする女性研究員を演ずるのは、 この10年後、「恋愛小説家」でアカデミー主演女優賞に輝いたヘレン・ハント。 彼女の存在は、この作品と見事にマッチし、 ヘレンらしい沢山の優しさを醸し出しています。 この作品が作られた80年後半は、 映画「ダリル」や「ショートサーキット」など、 軍の極秘計画の非道性を暴くといったサスペンスSFが流行った頃でもあり、 この映画も、その流れをくんでいます。 大きな動物愛に溢れ、 チンパンジーの演技に目を見張り、 ハラハラドキドキの緊張感、 主人公達の活躍、 最後のクライマックスでは、思わず目頭が熱くなります。 ヒューマニズムを基調とした、とても爽やかな感動作です。 この映画は、DVDとしては発売されていないかもしれませんが、 ビデオとしては、レンタルしているところもあるかもしれません。 機会があれば、是非、御覧になってみて下さい!

  • fbx********

    3.0

    全く期待していなかった

    しかし、ながら好作。期待してなかったから、拾い物をした気分になる。 コメディと言うよりもサスペンス部分の良さや、 役者を完全に食っちまう、チンパンジーの凄さ。 単に動物映画とは言えない重さもある。 ヘレン・ハントも凄く綺麗。

  • O

    4.0

    ネタバレチンパンジーがすごい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • totoro8ha

    5.0

    ☆チンパンジー、可愛くて、感動します♪

    Kurosawapapaさんのレビューを拝見して、とても観たかった映画です。 大学の研究所で、テリー(ヘレン・ハント)から手話を教えられたチンパンジー、バージルが空軍に送られてしまいます。 核戦争で放射能を浴びたパイロットが何時間、操縦を続けられるのか、 チンパンジーで実験している空軍の施設から、元パイロットのジミー(マシュー・ブロデリック)がチンパンジーを助け出そうとします。 1987年製作の映画です。 チンパンジーの演技が可愛くて、コミカルで、 その名演技には驚かされます! 手話で、人間とコミュニケーションをとれるようになったバージルが テリーやジミーと心を通わせる様子には 微笑ましくなったり、切なくなったり。 チンパンジーを助けようとするジミーは降格された元パイロットですが、 人間味があって、優しく、可愛くて、素敵です! 「プロデューサーズ」の税理士役で出演していた人なんですね。 テリー役ヘレン・ハントは「恋愛小説家」に出演していた人です。 この時、若いです! 救出しようとする場面ではハラハラ、ドキドキ 夢もあり、ワクワクするような興奮もありました。 そして、いつの間にか感動して、泣かされていました。 純真な動物達を見ていると、何もかも支配しているかのような 人間の愚かさに気付かされ、 笑ったり、ドキドキしているうちに、感動して、泣いていました。 ビデオしか出ていないようですが、見つけたら是非、ご覧下さい。 いつも誠実に映画をご紹介下さる、Kurosawapapaさんに感謝します。 ありがとうございました!

1 ページ/1 ページ中