ここから本文です

飛べ、バージル/プロジェクトX (1987)

PROJECT X

監督
ジョナサン・カプラン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 88

3.69 / 評価:26件

動物映画の中で、1番好きな作品です!

  • Kurosawapapa さん
  • 2008年8月8日 14時45分
  • 役立ち度 34
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画は、1987年製作で、自分は当時、映画館で鑑賞し、
チンパンジーの名演技、描写に心打たれ、
さらに、純粋な感動に、たっぷり浸った作品です。

動物映画としては、自分の映画歴の中で最も好きな作品で、
以前、ヤフオクでレンタル落ちビデオを落札し、今でも大事なコレクションとして持っています。



核戦争が起こった時、放射能を浴びたパイロットが何時間生存し、何時間操縦できるか、
そのテストを、人間に近いチンパンジーを使って実験している空軍の秘密計画。

その残虐非道なプロジェクトを、1人の兵士が暴き、もう1人の女性研究員とともにチンパンジーを救出する物語。

このページの作品トップにある映画説明によると、
「人間と動物の交流を描いたヒューマンコメディ」
とありますが、
コメディというより、歴としたサスペンスタッチの感動作です。

マイナーなのが、とても惜しまれる作品です。



チンパンジーの犠牲を厭わない空軍の上官と、動物を愛する心優しき落ちこぼれ兵士の、
正義 対 悪の構図もはっきりしており、
ストーリーも解りやすく、子供でも楽しめるような作品ですが、
チンパンジーの織りなす表情、演技には、驚きを隠せません。

高い知能を持つチンパンジーが手話を通して訴える姿や、
喜び、 怒り、 悲しみの表現は、
人間を食ってしまうほどの名演技です。

特に彼らが表現する 安心、 不安、 絶望 などは、
人間が表現しても難しそうなところ、
考えられないほど、見事に伝わってきます。

表情豊かなチンパンジーに、
驚かされ、和まされ、そして泣かされます。
もちろん可愛らしさも目一杯描かれ、動物好きの方であれば、さらに必見です。


また、チンパンジーを救おうとする女性研究員を演ずるのは、
この10年後、「恋愛小説家」でアカデミー主演女優賞に輝いたヘレン・ハント。
彼女の存在は、この作品と見事にマッチし、
ヘレンらしい沢山の優しさを醸し出しています。


この作品が作られた80年後半は、
映画「ダリル」や「ショートサーキット」など、
軍の極秘計画の非道性を暴くといったサスペンスSFが流行った頃でもあり、
この映画も、その流れをくんでいます。

大きな動物愛に溢れ、
チンパンジーの演技に目を見張り、
ハラハラドキドキの緊張感、
主人公達の活躍、
最後のクライマックスでは、思わず目頭が熱くなります。

ヒューマニズムを基調とした、とても爽やかな感動作です。

この映画は、DVDとしては発売されていないかもしれませんが、
ビデオとしては、レンタルしているところもあるかもしれません。
機会があれば、是非、御覧になってみて下さい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ