レビュー一覧に戻る
大空に乾杯

dck********

3.0

小百合様はじめ女優陣の魅力全開

先日のWOWOW”吉永小百合”特集で20数年ぶりに鑑賞しました。 前回観た時ですら”昭和41年って、こんな時代だったのか・・・”と感嘆した記憶があります。あれから20年あまり経った今日では本作が公開された昭和41年ははるか遠い歴史の彼方です。 本作の評価は吉永小百合はじめ出演女優陣の素晴らしい魅力に尽きます。 当時の全日空の制服を着用した客室乗務員役で出演する彼女達はスクリーンの中で光り輝いています。小百合様をはじめ今も現役で活躍する十朱幸代、和泉雅子、教官役の広瀬みさなど今の人気女優に勝るとも劣らないほどの魅力と存在感なのです。 しかし、女優陣の魅力とは相反してストーリーはやや平凡な客室乗務員サクセスストーリーといった感じ。あまり高得点は付かないだろう。一部にはクビを傾げたくなるような展開もある。特に小百合様が両親に離婚を強要するシーンは残酷な印象さえ感じられる、公開当時はどんな評価だったのであろうか・・・? 脚本の弱さは否定し難い。同時期の東宝、東映、大映作品に比べると日活作品は正直、少し厳しいと感じてしまう。もちろん、「大空に乾杯」が公開された後数年で日活がロマンポルノ路線に転向するなど当時は誰にも想像出来なかったであろうが。 女優陣と並んで本作の主役は昭和41年当時の日本の姿です。 当時の羽田空港や大阪空港、東京の町並みなど貴重な映像資料と言えます。 補足) 「大空に乾杯」は後に製作されたテレビドラマ「スチュワーデス物語」に絶大な影響を与えたと思われます。少しドジなスチュワーデス候補生が試練を乗り越え仲間達と共に成長していく。航空会社で教育訓練シーンなども「大空に乾杯」の影響が色濃く感じられる。

閲覧数881