レビュー一覧に戻る
暗殺のオペラ

暗殺のオペラ

STRATEGIA DEL RAGNO/THE SPIDER'S STRATAGEM

99

huj********

3.0

半世紀前イタリア田舎町の空気感に浸る

ミステリーサスペンスの体を取っているようでいて若干のおとぼけコメディもはいっているような、要はイタリア的洒脱さに満ちた映画。 ファシストに対抗した町の英雄が暗殺され、終戦後にその英雄の息子が町を訪れる。 なぜ父が殺されたか当時の父の愛人や友人を訪ね話を聞くが、謎は解明されるどころか混迷は深まるばかり。 父を暗殺したとされる当時ファシストに与していた町の有力者の差し金で嫌がらせも受けるが、それでも町に留まり続ける。そしてついに父が暗殺されたオペラ劇場のボックス席で事の真相が明らかになる・・・ ミステリーサスペンス風ではあっても深刻味は薄く、主役が暴行される場面なども緊迫感のないのんびりした雰囲気。 最終的な謎解き場面に「おやまぁ・・」という微妙な驚きはあるが、総体的な見応えという点ではそれほど芳しくはない。 しかし、当時の人影少ないロケ地風景がまるでキリコの幻想絵画風な趣が感じられ、不思議な郷愁めいたゆったりした気分に浸ることが出来た。それだけで結構な満足が得られたような気はする。

閲覧数619