ここから本文です

男の勝負 (1966)

監督
中島貞夫
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

3.00 / 評価:2件

ピンチヒッター監督なれど実力はサスガ

  • g30***** さん
  • 2009年4月8日 20時53分
  • 閲覧数 279
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

結構な豪華メンバーによる任侠もの。

その顔ぶれを見るだけでも懐かしい。

健さんシリーズとは異にするも 東映任侠もののベースは同じ血脈。

大阪 千日前の開発に事を発する物語は それこそバブル期の開発・利権とダブって映る。
当時の「実録物」という設定なんでしょうか?当時の経緯を私は知りませんので。。。

それにしても豪華競演陣の若くてカッコいい・綺麗・かわいいこと。

中にはもうお亡くなりになっている方もいらっしゃるが、今なお現役の看板スターたちの姿は重厚さが漂う。

村田先生はヤボったい風貌で男気溢れる役柄だが、天知さんはスマート&ハンサム過ぎ。
若いサブちゃんや長門さんも味があるキャラで好演。

で、やっぱり健さんはカッコ良過ぎ。
そりゃあ、看板背負う役者になりはるはずです。

エレキが奏でる悲しい音色に村田先生の浪花節調の歌声が哀愁を感じる。

時代物~現代物の中間期の中島監督作品ですが、この作品 実は故・マキノ監督が撮るはずだったらしい(体調不良によりバトンタッチしたとの事 任侠物は不得意だそうです。中島監督本人談)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ