ここから本文です

土方歳三 燃えよ剣 (1966)

監督
市村泰一
  • みたいムービー 3
  • みたログ 37

2.25 / 評価:8件

五稜郭での思い出

  • dereck1960boy さん
  • 2009年4月25日 10時07分
  • 閲覧数 886
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

高校時代に持ち物検査がありまして鞄の中に文庫本の「新選組血風録」を入れてたところ生活指導の教諭に「そんな人殺し集団の本なんか読むな!」と酷く言われたので、「新撰組が人殺し集団なら日本の歴史上の人物のほとんどが殺し屋ですね」と言い返しました。

司馬遼太郎さんの短編集「新選組血風録」を読みますと新撰組の様子、各々の生き様がよくわかります。
近藤勇の愛刀「虎徹」に関する話、阿部十郎の生き様、芹沢鴨の本質などはこれって事実なの?って感じもありますが、文章に力があり納得してました。

次に読んだのが「燃えよ剣」でして、ここで土方歳三という人物に俄然興味を持ちました。
時間を作り函館の五稜郭へ行った時は感無量でした。
行ったのは5月で長崎は半袖でも平気な陽気でしたので「歳三Tシャツ」を買ってミーハーになろうと思いましたが、5月の函館は凄く寒くて日本の端から端ではこんなに違うのかと感心したものです。

栗塚旭さんが演じられた「土方歳三 燃えよ剣」を観たのは最近ですが、小説とのギャップに戸惑いましたが、栗塚歳三も栗塚さんらしい歳三像でして楽しむことは出来ました。
刀も兼定を使われたようです。

お気レビのMasagoyaさんのレビューで池田屋が居酒屋として復活する事を知りました。
情報、ありがとうございます。
一度は足を運びたいと思っております。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ