友よ、風に抱かれて

GARDENS OF STONE

111
友よ、風に抱かれて
3.3

/ 40

10%
23%
55%
10%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

切ない30.8%悲しい23.1%絶望的15.4%かっこいい7.7%勇敢7.7%

  • uso********

    2.0

    メアリースチュアートマスターソン見たさに

    「恋しくて」で、メアリー・スチュアート・マスターソンの魅力にすっかり虜になった私は、彼女の出演作品をチェックし、良さそうなものをいくつか見たのでした。青春を前面に押し出した、ラブコメディなんかを期待していたのですが、とても重たい戦争を題材にしたもので、おまけに彼女の役柄は、戦地に赴く若い兵士の婚約者だか、花嫁だか。美しいドレス姿を披露していますが、夫は帰らぬまま戦死してしまい涙にくれるという、とても不幸な役まわりに、見ているこっちまでつらくなったものでした。

  • exp********

    3.0

    ネタバレ悪くはなかったです

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ea0********

    4.0

    しみじみ人情は◎だけど時系列団子脚本が×

    実は必要に迫られて、軍隊の葬儀場面の参考に、とネットで探して知った映画です。HMV渋谷店でDVD3本\3,000だったので買いました(これ1本で定価\1,500だから3割引超)。 パッケージの解説文等から、戦闘アクション満載のいわゆる「戦争映画」でないことは判っていましたが、確かに地味でした。以前TVで観たベトナム映画「コウノトリの歌」にも似た雰囲気で、戦場そのものではなく銃後の人間ドラマです。 淡々と話が進行する割には、各シーンの人間ドラマは退屈せず、無駄なシーンもなくてさすがだと思いましたが、いかんせん、全体的に時系列に沿ってなだらかに同じボリュームずつ話が進んで行くので、構成としてはダラダラに感じられました。いわゆる「串団子」な脚本ですね……クライマックスに大きな団子があるわけでなく、全部同じ大きさの団子を連ねた……。 ジェームズ・カーン演じる上官クレル・ハザードが主人公なのか、はたまたモノローグ(心の声)を連発する部下の青年ジャッキー・ウィローが主人公なのかも、かなり長いこと判りにくかったです。 とは言え、この2人の思いや、周辺の人たちとのドラマは感情がこもっていて、見応えがありました。 カーマイン・コッポラ作曲の音楽は、割とよかったのですが、あまり音楽を使った場面自体がないのが残念でした。 最後に軍葬シーンの参考になったかは……微妙だなあ。

  • fbx********

    4.0

    邦題が悪すぎる・・・に、1票

    確かに悪い。内容とかけ離れてる。 こんなタイトルで逃すにはもったいない。 コッポラの中では目立たないけれど、 本当にもっと知られるべき傑作だと思います。

  • gan********

    1.0

    ベトナム戦争の話。

    原題は「GARDEN OF STONE」 なんのことかと思ったけど墓地のことなのね。 兵士って貧しい家庭出身のひとが多いって聞くけど そのひとたちの家族を映画にすればいいのに。 この映画では中の上ぐらいの階級でして 新鮮味に欠けたでござる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
友よ、風に抱かれて

原題
GARDENS OF STONE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル