ここから本文です

傷だらけの天使 (1966)

監督
吉田憲二
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

5.00 / 評価:1件

協賛はクロネコヤマト

  • bakeneko さん
  • 2020年9月29日 14時37分
  • 閲覧数 52
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

橋幸夫・舟木一夫と共に「御三家」と呼ばれた西郷 輝彦(28歳)が自分自身で脚本を書いた、故郷の鹿児島を舞台にした純愛物語で、ヒロインを松原智恵子が演じています。
高校時代に傷害事件を起こした没落旅館の息子:後藤八郎(西郷輝彦)と幼馴染の新興ホテルの娘:雨宮佳代(松原智恵子)の純愛に、主人公の姉の自殺の真相が絡む―恋愛ドラマで、日活とタイアップしていた指宿のホテルや風物(長崎鼻、うなぎ池、山川港)に加えて、鹿児島大学付属熱帯植物園や錦江湾もロケ地となっています。
歌謡映画としては、西郷が主題歌「傷だらけの天使」の他に、「初恋によろしく」「霧の中の口笛」「たそがれは君の匂い」も聴かせてくれる作品で、1957年に現在の商標マークとなったクロネコヤマトもスポンサー提示されています。
やや類型的なお話展開ですが、主人公とヒロインの一途な純愛が清々しい作品で、主人公に片想いする五月女マリも可愛らしいですよ♡
ねたばれ?
池田湖に投身自殺って…(確かあそこには恐竜“イッシ―”が…)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ