ここから本文です

鳥獣戯画 (1966)

監督
松川八洲雄
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

未評価

解説

 映像社による自主制作短編作品。監督は松川八洲雄、脚本は松川の他に藤原智子、大沼鉄郎、杉山正美、杉原せつ、富沢幸男らが担当。ナレーションで芥川比呂志が参加している。兎と猿の川遊び、蛙の弓試合、猿僧正への貢物、兎と蛙の相撲大会など、日本の漫画文化発祥として名高い国宝“鳥獣戯画”の魅力を通じ、歴史の表には現れない庶民の姿を見る。伊ベルガモ映画祭芸術部門大賞受賞作品。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ