ここから本文です

皆月(みなづき) (1999)

監督
望月六郎
  • みたいムービー 26
  • みたログ 174

2.97 / 評価:67件

解説

 芥川賞作家・花村萬月の同名小説を、「鬼火」の望月六郎が監督したアウトロー映画。“みんな月でした。がまんの限界です。さようなら”ある日、こんな置き手紙を残して妻・沙夜子が現金と預金通帳を持って失踪してしまう。冴えない夫・諏訪憲雄は、ショックで何もやる気が起きない。しかも退職金で細々とやっていこうと思っていたところに会社の倒産。見かねた女房の弟でヤクザのアキラが何かと世話をやく。やがて、アキラのおかげで新たな人生を踏み出した諏訪のもとに女房の居場所が告げられる……。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ