ここから本文です

TAXi(2) (2000)

TAXI 2

監督
ジェラール・クラヴジック
  • みたいムービー 42
  • みたログ 2,509

3.74 / 評価:312件

中身が薄くなった二番煎じはいただけない!

  • hoshi595 さん
  • 2007年9月6日 2時48分
  • 閲覧数 1065
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ第ニ作の本作品は第一作のヒットに気をよくして製作されたのだろうが、全く新しい工夫が見られない二番煎じで失望させられた。

物語に日本人が登場するのと、舞台がマルセイユからパリに広がる事を除けば、第一作と基本的に変わりはない。ただのドタバタ喜劇であり、暇な時に頭を休めるのにも役立つかどうか疑問である。

それにしても、日本人や日本人の習慣を笑いの種にするのはいいが、2000年の作品なのに、その扱いは大昔の映画と変わらないのはなぜだろうか?再び脚本はリュック・ベッソンなので、聞いてみたいものである。風刺が得意なフランスの文化から生まれたコメディなら、格調高い笑いもあっていいと思う。

何よりも失望したのは、仲間に信望が厚い主役のダニエルなのに、友達が大勢出てこなかった事だ。007も負けそうな改造車や派手なシーンを連発してスケールを大きく見せても、観る者の心をとらえる事は出来ない。

第二作は笑いとカーアクションのバランスが悪く、どちらも中途半端である。救いはダニエルを取り巻くレギュラー出演のメンバー達だが、感情移入して応援したくなるほど魅力ある人物としては描かれていない為、全員ピエロ化して笑いの対象としての役割でしかない。

どこかで観たような滑稽なシーンを継ぎ合わせただけでは、本当の笑いは取れない典型的な例として記憶に留めて置く事にしたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ