ここから本文です

X-メン (2000)

X-MEN

監督
ブライアン・シンガー
  • みたいムービー 79
  • みたログ 5,146

3.60 / 評価:1171件

第一作はシンプルに楽しめる

  • izq***** さん
  • 2020年3月2日 1時25分
  • 閲覧数 323
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

新シリーズをダークフェニックスまで見て、辻褄確認のため再鑑賞したが、やはり新シリーズとは色々ギャップはありますね。ダークフェニックスで死んだミスティークは時代が後の本作では生きてるし、ダークフェニックスではジーン最強だったが本作では最弱。学園名もダークフェニックスラストでジーングレイ学園になってたが、本作ではエグゼビア学園だし。あとジーンやサイクロプスはアポカリプスでウルヴァリンと出会ってるはずが、初対面っぽい接し方。まぁ、この辺は致し方なし。ダークフェニックス後の続編ででも諸々の辻褄合わせを期待するか。ウルヴァリンはフューチャーパストで過去行ったりと新シリーズでややこしいことになってたが、アポカリプスで実験台にされていたので、その時記憶を無くしたという設定で時系列的には辻褄が合わされていた。マグニートーは新シリーズでもチャールズ達と敵対したりくっついたりとしていて、ダークフェニックスでのラストでは仲良くしてたのに、本作ではまた敵対と、歳食ってもやってることが変わらんのね。
話しはシンプルに楽しめたが、新シリーズ観た後だとアクションやミュータントキャラが物足りないが、まぁこれも仕方なし。ウルヴァリンが一人暴れ回って頑張るのみだった。尚、ビーストは本作では登場なし。あと、ジーン役はやはり旧シリーズのファムケ・ヤンセンの方が全然綺麗でいい。新シリーズのソフィー・ターナーはもうちょっと他にいなかったものかと思う。

ストーリー構図は、ミュータントの管理を訴え支持を集めるケリー上院議員始めとした人類に対して、人間のミュータント化を企むマグニートー一味、それを阻止しようとするチャールズ達X-MENという構図。
触れることで相手の生気や能力を吸収してしまう能力が覚醒したローグは、家を出て一人旅中にウルヴァリンに出会い、ついてっちゃう。途中マグニートー一味のセイバートゥースに襲われるも、サイクロプスとストームに助けられ、チャールズの学園に辿り着く。
マグニートー一味は人間をミュータント化する装置でケリー上院議員をミュータント化して殺す。その装置には体力が必要で、各国首脳が集まるサミットでのイベント時に自由の女神からニューヨーク中の人々をミュータント化するため、ローグの力を利用しようと彼女を狙う。
ミスティークの学園潜入工作でローグは学園を飛び出し、後を追うウルヴァリンと列車で移動中にマグニートーに連れ去られてしまう。
マグニートーの計画に気づいたチャールズ達はローグを助け、計画を阻止するためウルヴァリン、サイクロプス、ジーン、ストームが自由の女神に飛び、マグニートー一味のミスティーク、セイバートゥース、トードと対決。最後はマグニートーを倒し、ローグを助け、ミュータント化計画を阻止する。ローグの髪の毛の一部が白いのは、このときにミュータント化装置にかけられてなったものだったんだな。フューチャーパストでもその設定が引き継がれてた。
ミスティークは生き残り、ケリー上院議員に扮してミュータント管理法案を取り下げ。マグニートーは当局に捕まりプラスチック製の牢獄に入れられる。ウルヴァリンは自分の記憶の手掛かりを得るためまた旅に出る。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ