ここから本文です

共犯者 (1999)

監督
きうちかずひろ
  • みたいムービー 10
  • みたログ 67

3.64 / 評価:33件

渋い

きうちかずひろは、渋いヤクザものを撮る人である。
いわゆる広島モノの渋さではなく、今っぽくて渋い。

内田裕也扮する殺し屋が、俺は英語喋れるんだぜぇって雰囲気で、
英語を織り交ぜた話し方をするのが不満。なんかかっこ悪いのだ。
内田裕也だから、しょうがないのかもしれんが。
これと、内田裕也の意外とかわいい顔を除けば、確実にグッドな映画になる。

きうちかずひろは以前、「鉄と鉛」という映画も撮ってるが、これもオススメの一品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ