ドラキュラ

BRAM STOKER'S DRACULA/DRACULA

127
ドラキュラ
3.3

/ 459

14%
29%
40%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(81件)

不気味14.2%悲しい11.4%切ない11.4%セクシー9.6%恐怖8.6%

  • str********

    4.0

    ゴシックホラーの傑作

    初めて観た時は結構インパクトがあったなぁ、この作品。 冒頭の串刺しにされた人が悶えるシルエット。 白塗りに変な髪型のゲイリー・オールドマン。笑 石岡瑛子デザインの独特の衣装。 誰もが知ってるドラキュラを、巨匠コッポラならではのセンスで見事に映像化されている。 キャスト陣も豪華な顔ぶれ。 キアヌもウィノナもみんな若い(当たり前か)。 少々中だるみ感はあるものの、ゴシックホラー作品としては傑作だと思う。

  • mar********

    4.0

    エロ気味悪い

    とにかく無駄にエロティシズムが多い印象。 ポルノ本、好色な親友、 蛇頭女吸血鬼による夜這い4P、 獣姦、そして血を舐めるラブシーン、、、 あえぎ声も多いし、、 愛に飢え、生きることは かくもプリミティブな欲望である 『性欲』と渾然一体ということなのか?! 怖くないが気味悪い、 古くて粗い、 とてもエロい、 石岡瑛子の唯一無二のコスチューム、 暗いが一貫して漂うエレガントさ。 親友を殺されても、婚約してても、略奪愛に溺れさせる ドラキュラの手腕と支配欲。 これらの奇妙な魅力がミックスされた 「Never Seen Before」な世界観。 マフィア、戦争などコッポラの作品はエグみのある題材ばかりで 頭からどかすのに時間がかかります。 特に本作はエロスが目立ち まっとうに観てもっともらしいこと言うのに抵抗ありますが。 なぜか袖にできない。 そうさせるのが巨匠ゆえんなんでしょうけど。

  • bat********

    4.0

    ネタバレドラキュラの愛悲しく切ないゴシックホラー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tatitukusumaegam

    4.0

    小学校時代に読んだ絵本以来

    楽しかったです、 娯楽として観ても大丈夫そうなのが。 映像は美しく、 音楽は迫力あり繊細さもあり、 衣装は、あの当時のドレスや紳士服にうっとり。 流血描写や残酷描写、女性のトップレスシーンが結構あるので、苦手な方は要注意かも。 キャストも豪華。 ゲイリー・オールドマン、 ウィノナ・ライダー、 アンソニー・ホプキンス、 キアヌ・リーブス…。 ただミナの夫が気の毒なので、そこだけ★1つマイナスしました、 時を越えたラブストーリーだから仕方ないんでしょうけども…

  • よしちゃま

    5.0

    切ない…

    公開当時に観たのですが、大好きなゲイリー・オールドマンが見たくて再鑑賞。またアニー・レノックスのエンディング曲が頭から離れずにいました。キャストも豪華で、とても切なく美しい映画です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第65回

衣装デザイン賞メイクアップ賞音響効果編集賞

基本情報


タイトル
ドラキュラ

原題
BRAM STOKER'S DRACULA/DRACULA

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル