ここから本文です

けろけろけろっぴの友だちっていいな (1992)

監督
波多正美
  • みたいムービー 2
  • みたログ 4

4.50 / 評価:2件

『恐竜がでた!』のレビューです。

私、
幼稚園の頃けろっぴいが大好きでして、
年中見ていました。

親にせがんではビデオ屋へと行き
クレしんの劇場版と、ドラえもん大長編、
そしてけろっぴいの『恐竜が出た』のみを借りていました。

もともとジュラシック・パーク見てから
恐竜狂いになって(今でも狂ってる)
その線で見るのではないかと思います。



あ!

言っておきますけどこの『恐竜が出た』のレビューです。
『友達っていいな』の内容は覚えていません。




他愛のない話です。
けろっぴい以下数匹で子恐竜の骨を見つけて
組み立てたら骨になった親恐竜が捜しに来て天に上っていきました。

巨大イカの逆襲を髣髴とさせるストーリーですね!

他にも全く同じストーリーの
『はじめ人間ゴン』を見たことがあったり・・・。



まあ幼児向けアニメの定番なのでしょう。


しかし侮るなかれ、
なかなか泣かせてくれる話なんですよ。
しかも引き込まれるように見てしまって実に面白い。
もっとこの世界に浸っていたくなるような話です。
特にラスト、
骨親子が寄り添って満月の中に消えていくとこなんか結構感動物ですよ。
(5歳のときの感想。と、記憶しているもの)



実は、最後に見たのはもう10年位前です。
私の10年前ってのは、まだ赤ん坊に毛が生えた程度のもので、
記憶もほとんど残っていませんが、
場面場面をかなり覚えているんです。
なんか怖いですね・・・。


今見返すと『ニューシネパラ』の
ラストみたいになるかもしれませんが、
その楽しみはあと20年は取っておきたいものですね。
幸いDVDにもなっていることだし。



お子さんと一緒にいいオトナが見ると退屈だと思います。
しかし、
子どもは何でかそういうものが大好きで、
高2になった今でも覚えているものです。



何が思い出になるか分からないものですね・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ