生地獄

104
生地獄
2.4

/ 7

14%
0%
43%
0%
43%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

不気味28.6%恐怖28.6%絶望的28.6%笑える14.3%

  • trt********

    5.0

    B級なんだけど…

    とにかく初めから観ていて痛い!! クワガタで眼球を破裂させるなんて……イタイ _ スタンガンで男の急所を責めたり…イタイ _ 終盤のみんなの壊れっぷりははじけていて笑えました。みんな気が狂ってる…(=_=)夏の必見ホラーだと思いますよ~!

  • obi********

    3.0

    ギャグと恐怖は紙一重

    深夜の時間帯に放送しているのを、数年前にたまたま観ました。 【生地獄】一度聞いたら忘れられないタイトルです。 ちなみに、ある番組の企画で制作された映画だそうです。 内容は、【車椅子の青年がおばあちゃんにイビられる】です。 陰湿なイビりと、何を考えているか分からないおばあちゃんの行動が恐い部分であり、この映画のキモであります。 後半になると恐怖の対象はおばあちゃんだけじゃなくなるんですが、やっぱおばあちゃんが一番恐いです。スペイン発映画『REC』に出てくる半裸のおばあちゃん並みの、凶暴さです。 ラストには怪談的な【オチ】もちゃんとあります。 ただ最も印象的だった場面は、【停電】の場面。 車椅子の青年とおばあちゃん、その他の家族が一緒にいるんですが、いきなり照明が落ちて真っ暗になる。すると真っ暗な画面に青年の「痛い!痛い!痛い!」という叫びが響き渡るんです。 で、またパッと照明が点く。青年は誰かが髪を引っぱったと訴えるんですが家族は相手にしないんです。 映画を観ている側としては、「十中八九ばあさんだろ!」と思う訳ですが、そのばあさんは見事なポーカーフェイス。 正直、このシーンは一歩間違えるとコントです(笑) しかし、暗闇の中密かに行動したばあさんを想像するとなんとも言えない気味悪さを感じます。このギャグと恐怖の紙一重な感じはすごいです。 何かで読みましたが、「ホラー映画もやりすぎるとギャグになる」。納得です。 典型的な例は、スプラッター映画。このジャンルに関しては、もう開き直ってギャグテイストにしている映画もありますよね。 ギャグと恐怖の紙一重な感じに妙に感心させられた映画ということで、記憶に残る『生地獄』なのでした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
生地獄

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル