ここから本文です

ドラゴン怒りの鉄拳 (1971)

精武門/FIST OF FURY/CHINESE CONNECTION/THE IRON HAND

監督
ロー・ウェイ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 1,007

3.79 / 評価:320件

華麗なアクションがレベルアップ

  • izq******** さん
  • 2020年3月7日 12時00分
  • 閲覧数 470
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作ドラゴン危機一髪よりアクションシーンがレベルアップ。華麗なヌンチャク技やお馴染みのアチャ声でのアクションが見所。
舞台は上海設定で敵は日本人。日本人をよくもまぁ悪く設定している。日本人の柔道場の連中が、リーのいる道場の乗っ取りのためにリーの師匠を殺し、リーはその復讐を果たしていくストーリー。師匠を毒殺した実行犯を殺した後、身を隠して敵道場を探り、最後は単身敵道場に乗り込み、敵幹部&敵ボスを殺しまくり。
敵を殺しまくったのでどう締めるのかと思ったが、ラストシーンは自首して捕まって連行されるリーに銃口が向けられ、そちらに向かって走り蹴りするリー&銃声、という銃殺を想起させる終わり方。ノラ・ミヤオとのラブシーンでは二人の未来を語っていたが、色恋に関してはフォローなし。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ