ここから本文です

ドラゴン怒りの鉄拳 (1971)

精武門/FIST OF FURY/CHINESE CONNECTION/THE IRON HAND

監督
ロー・ウェイ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 1,007

3.79 / 評価:320件

ブルース・リーの鬼気迫る演技に注目!

  • moon さん
  • 2010年10月13日 21時24分
  • 閲覧数 456
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

師匠を毒殺された青年が、犯人である日本人に復讐する
というシンプルなストーリー。

ただ、一つ、いえるのは、この作品の主人公は
ブルース・リー。世界を代表する東洋人。

また、東洋人で初のハリウッドスターでもある。

プライベートでも、本物の武術家でもある彼の
アクションシーンは鳥肌もの。今、観ても迫力あります。

1972年に公開されて、世界中でヒットした理由が
わかります。

というか、1970年代初頭にブルース・リーが存在したと
いう事実は驚異的です。

70年代に彼が登場した時には、世間は驚愕したに
違いありません。

それぐらい、インパクトがあります。
まさに、オンリーワンの存在です。

32歳の若さで亡くなるまで、まずか数年でビッグスターに
なりました。

最近、深夜に、この作品が放映されていました。

2010年の今でも忘れられずにいるということは
凄いことです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ