ここから本文です

ドラゴン怒りの鉄拳 (1971)

精武門/FIST OF FURY/CHINESE CONNECTION/THE IRON HAND

監督
ロー・ウェイ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 1,007

3.79 / 評価:320件

カンフー以外の見所

  • nam******** さん
  • 2011年2月5日 18時40分
  • 閲覧数 461
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

たまたま深夜放送の映画を見ていて驚きました。

今までブルース・リーのドラゴンシリーズは、
怪鳥音とヌンチャク、派手なカンフーアクションが
印象的な映画だったのですが、やたら顔のアップが
多くて気が付きました。目の演技が凄いんですね。

師匠が殺されて悲しみに打ちひしがれる様子や、
犯人探しをしている時の心情、同僚の裏切りに対する怒り、
ラスボス(笑)との戦い、そして壮絶なラストでの怒号、
目の演技だけで全てが伝わってきました。
不思議と引き込まれてゆく理由がわかった気がします。
ブルース・リーって凄い!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ