ここから本文です

犯行予告 (1999)

ANGEL'S DANCE

監督
デヴィッド・L・コーレイ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 10

3.20 / 評価:5件

玄人の殺し屋の最大の敵は素人の殺し屋?!

  • hoshi595 さん
  • 2011年2月16日 3時04分
  • 閲覧数 264
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

「レオン」や「ニキータ」など殺し屋を描いた作品は多く、
名作も生まれている。

本作品は、コミカルながら意外性もあり、娯楽作品としては
良く出来ている。

主役は、「シュワルツェネッガー/レッドブル」で刑事役を
好演のジェームズ・ベルーシと、デヴィッド・リンチ監督の
TVシリーズ『ツイン・ピークス』でローラ・パーマー役を
射止めたシェリル・リー。

物語は、偶然の悪戯で殺し屋に狙われることになった女性と、
マフィアの手先となっているプロの殺し屋が繰り広げる
ドタバタ劇で、笑いながら楽しむ事が出来る。

ジェームズ・ベルーシは「ブルースブラザーズ」で有名な
ジョン・ベルーシの弟であり、兄の後を継いで”サタデー・
ナイト・ライブ”にも出演するなど、コメディアンとしても
活躍している。

だからという訳ではないが、コミカルな演出が多い為、
簡単な筈の”殺し”が困難であったり、難しい”殺し”が
簡単に終わったりの矛盾点は多々見られる。

それも、全て”終り”の舞台を盛り上げる為の一策であり、
”ネタばれ“なしのレビューは参考にしても、結末は白紙で
観てもらいたい作品だ。

こういった軽いタッチの肩の凝らない作品こそ、余暇に観賞
するのに相応しいのではないだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ