ここから本文です

タイタス (1999)

TITUS

監督
ジュリー・テイモア
  • みたいムービー 49
  • みたログ 388

3.59 / 評価:97件

残忍すぎるけど観て欲しい名作

  • lad******** さん
  • 2017年11月26日 11時12分
  • 閲覧数 2344
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

シェイクスピア作品中最も残忍と言われている『タイタス・アンドロニカス』の映画化なだけあって、最高にグロい。下手なホラーよりトラウマ。そもそもの原作が復讐が復讐を生む全員被害者兼加害者の救いのない暗い物語。
レイプ・カニバリズム等とにかく醜怪の一言。

それでも映画としては強烈なインパクトを放つ斬新な演出は類を見ない物があり、とても素晴らしいと思う。

★★舞台
古代ローマに近現代風味を小さじ1杯くらいの独自のパラレルワールドが舞台。
過去に何度も映画化されたシェイクスピア作品は多々時代設定に変更を加えているが、どうしてもセリフ回しが古典的になってしまうところに違和感があった。時代変えない方が良かったんじゃと思う作品もあった。本作では人類史上どの時代にも属さない異世界を舞台にしたことで、不自然さが回避されたように思う。あ、こーゆう世界なのねと納得した。
古代ローマ背景に自動車やバイクが走る様は昔のSF映画のよう。昔の人が思い描いていた未来図はこういうものなのかもしれないとか思いを巡らせてみる。

★★衣装
衣装担当はイタリアのデザイナー、ミレーナ・カノネロ。アカデミー賞に度々ノミネートされ受賞歴も多い実力派。71年『時計仕掛けのオレンジ』や90年『ディック・トレイシー』等の独特の世界観にマッチした独創的でありながら洗練された衣装を見せてくれた。後に09年『マリー・アントワネット』ではトラディショナルなドレスでアカデミー賞を受賞している。
そんな彼女の個性的なデザインは本作のイメージにピッタリだった。それぞれのキャラクターに合わせてエレガントにデザインしてくれた。一人一人の衣装を楽しめる。

★★出演者
主演のタイタス役のアンソニー・ホプキンスは当然の貫禄ながら、タイタスの敵タモラ役のジェシカ・ラングの鬼女ぶりも激しかった。睨んだだけで人を石にしてしまうくらいの迫力。レクター博士に負けていません。あまり主役を演じたイメージのない強烈な個性を放つアラン・カミングもプライドが高く頭の悪そうな皇帝を好演。ラストのテーブルの上を滑る姿は忘れられない。
ホプキンスが出演する映画は彼の貫禄が強すぎてホプキンスが浮いてしまっている難があるものも多々あるが、本作では脇役に至るまで役者の演技力か演出の巧みさか強烈な存在感を放っているので特定の俳優が浮いてしまうことがない。また、個々の存在感を放っていても映画の世界観を壊さずに纏まっているのが凄い。もう上映中誰からも目が離せない。

★★音楽
ロックやジャズ等の現代風の音楽が使用されているが、それがまたこの独創的な異世界にマッチしている。ミュージカルの音楽のように耳に残って口ずさめるような印象的な曲はなかったように思うが、映画の世界観を邪魔せず盛り上げる良いスパイスになっている。


そんなわけで、とにかくバカの一つ覚えみたいに「凄い」しか出て来ないくらい演出は素晴らしいのだが、なんせトラウマになるくらいの残忍性が邪魔をして気軽に人様にお勧めできないところが無念。
それでもそのグロさを何とか乗り越えてご覧頂きたい映像美。
是非、気力体力万全の態勢で臨んでください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ