ここから本文です

オーロラの彼方へ (2000)

FREQUENCY

監督
グレゴリー・ホブリット
  • みたいムービー 721
  • みたログ 3,189

4.45 / 評価:1315件

感動のしどころが分からない

  • ******** さん
  • 2020年2月28日 5時48分
  • 閲覧数 1084
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

未来と過去が無線でつながる、その相手が親と子、殺人事件の捜査
それだけ見れば並みの面白さで、めちゃくちゃなストーリーにハラハラしながら楽しめる
だが感動モノとして押し付けられると心に響く点は微塵もなかった

気になったのは、息子が父親を責めるシーン
自分が生き残ったせいで他の人が代わりになる、罪悪感を背負って一生生きるのか、なんてお前が言うなと
その結果をもたらしたそもそもの原因は自分にあるはずなのに、なぜそれを棚上げに相手を責め無理を強いるのか
洋画を見ていると、自分の所業を棚上げに相手を責めるシーンは結構多く、文化の違いなんだろうかと思う
重要なシーンはスローモーションを使ったり場面転換を過剰に入れたりと無駄に長く、このこだわりは好みじゃなかった
ラストは綺麗にまとめてくれ、鑑賞後の後味は悪くない
感動するポイントは自分には分からなかった

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ