ことの終わり

THE END OF THE AFFAIR

101
ことの終わり
3.3

/ 109

11%
29%
43%
12%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(28件)


  • cha********

    4.0

    ネタバレYou are a good hater

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • baw********

    2.0

    ただの人でなし

    ボ~と見てるとLOVEロマンスな映画だが… 友人のカミさんに手を出すわ、探偵を雇うわ、こいつ人道に反する糞野郎だね… 旦那の行動が理解出来ない点を減点して星2つ。

  • まあしい

    4.0

    これほどの愛があるのだろうか・・?

    あるかもしれない。  男二人、女一人の恋を通り越した究極の愛を見た。 ヘンリー(ステーヴン・レイ)とケリー(ジュリアン・ムーア)は、夫婦。 イギリスの高官らしい夫を持つ妻ケリーは、小説家のベンドリックス(レイフ・ファインズ) と、出会い一目で恋に落ちる。 情事を重ねていた二人だったが、ふいにケリーが、別れを告げ去っていく。 ベンドリックスーは、第3の男を疑い、「彼」を恨み、嫉妬する。 夫のヘンリーも同時に、妻の浮気を疑い探偵を雇う事をベンドリックスに相談する。 サスペンス仕立てで、ストーリーは進んでいく・・・。 「彼」とは、誰なのか? ケリーが愛しているのは、ベンドリックスじゃなかったのか? 2年前に別れた二人が再会し、ケリーは「女は会っていなくても、愛し続ける事ができるけれど、あなたに会えないことに、疲労した」と言う。 一方のベンドリックスは「愛は欲望」だと答え、二人の恋は再燃する。 ベンドリックスの2年の空白は、ケリーの「第3の男」を疑い、嫉妬をする日々。 「彼」を強く意識しながら、憎むけれど、その「彼」の正体がわからない。 終盤、その「彼」が姿を現すころ、夫のヘンリーと共に、ケリーを見守ることを 決意する。 その「彼」」とは? 愛の象徴です。  目には見えず、男女の性別も超えていき、憎しみと嫉妬を浄化させて いく存在。 二人の男は支えあい、一人の女を最後まで、愛し続ける。 「第3の男」が「彼」と気付き、奇跡を見たベンドリックスは、最後に「私を忘れてください」と赦しを請う。 「彼」とは・・・・・・ 神の事です。 ケリーがなぜ、突然ベンドリックスの前から、姿を消したのか? それは・・・・本当の愛を誓う為。 自分に課した苦行なようなもの。 ちゃんと、辻褄が合っている素晴らしい作品でした。

  • つとみ

    3.0

    ちょっと変わった物語

    メインストーリーは不倫とか、まあ恋愛関係の物語で、そっちの出来は普通で特に面白くもないんだけど、彼女の抱えていた秘密の部分がすごく興味深い。 ネタバレなしで秘密について語るのはほぼ不可能で、曖昧な表現しかできないけれど「これはもう仕方がないな」と、今までで一番、説得力がありました。 大事なことは、無闇に◯◯してはいけないってことだな。結果を得てしまったらもう抜け出せなくなるのは間違いない。 あまりにも漠然としたレビューで意味あるのか不明だけれども、不倫についてのレビューをしているわけではない。とだけ言っておきます。

  • yht********

    2.0

    ネタバレ不倫の話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • stanleyk2001

    4.0

    君のガーターに嫉妬する。

    ​「君のガーターに嫉妬する。一日中君の肌に触れているから。君の靴にも嫉妬する。君を家に連れ帰ってしまうから」 愛欲で始まった不倫関係。爆撃で死に瀕した愛人を前にして彼女は「彼の命を助けて。二度と会わないから」と誓いを立てる。「神様だかなんだかとにかく存在するもの」に祈る。 願いは叶い彼は息を吹き返す。 神との誓いと愛の間に引き裂かれる彼女。「あなたにあえないのは耐えられない」 三角関係ではなく神を含む四角関係。 カトリック作家グレアム・グリーン原作。戦争という桁外れの暴力の後に起きた「奇跡」が信仰を産み神の奇跡を信じた彼女が奇跡を行う。

  • pow********

    5.0

    ネタバレまさかの実話。さらに衝撃な原作者の暴挙

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    4.0

    神との誓い

    人妻サラと不倫関係にあったヘンドリックス。 突然の別れから2年経ち、運命的な再会で燃え上がるが、そこへ戦時中の空爆が襲う。 恋愛もののドラマだと思っていたら、実はそこにはミステリーが仕込まれている。 なぜ別れなければならなかったかや、この二人に絡む第3の男の存在。 この時代の雰囲気をニール・ジョーダンは忠実に再現しており、難しい役柄をさらりとこなすジュリアン・ムーアが素晴らしい。 愛していたのに別れるゆえの苦悩をしっかりと見せつける。 格調高い恋愛ミステリーの出来になっている。

  • mappy

    2.0

    ネタバレ人間らしく。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yos********

    3.0

    ヘンリーが不憫だった

    サラも別にヘンリーから酷い扱いされてるわけでも無さそうだったし、何で不倫に走るのかと思った。 最後の第3の男というのは流石だなと思った。 やっぱり神様には嘘はつけんな。

  • lov********

    2.0

    バカバカしい不倫もの

    ヒロイン何なの? 信仰心とか言う前に不倫散々楽しんどいてなんじゃそりゃって感じ 旦那さんが一番幸せになるべき人物だったなぁ ヌードもねぇ見せりゃ良いってもんじゃないのよね ジュリアン・ムーアってグィネス・パルトローとニコール・キッドマンに続く萌えない身体の女優なのだ自分的に

  • ree********

    2.0

    ネタバレ浅そうで実は深すぎて理解不能

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • かなもり かずみ

    4.0

    神に魂を捧げた女性。

    人の奥にある罪深き欲望と愛、そして運命の不思議さを感じた… 何故、人間は弱いのだろう、そして愚か何だろう。 命を懸けた誓いと神を心の奥で感じそれは病的と言って良いほどの突然の信仰心。 第3の存在感。その答えはラストの20分間で明かされます。 ただの不倫映画ではありませんので勘違いなさらないで下さいね。

  • gre********

    3.0

    ネタバレことの終わり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jul********

    5.0

    ネタバレ第三の男とは・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Chocopeoplechan

    4.0

    愛と憎しみは表と裏

    レイフ・ファインズが嫉妬深い愛をうまく演じていたと思う。情事は終わっても、愛は終わらない・・・何だかその気持ちってわかる気がする。これが純愛かそうでないかは見る側によって違うだろうけど、愛は征服することだと考える男と、愛は心を捧げることだと考える女・・・サラの夫ヘンリーにもきっと大きな苦悩があったはずなのに、それを抑えて友人とサラの最期を看取る懐の深さにもちょっと考えさせられた。愛と憎しみは紙一重。私は憎むほど人を愛せるだろうか、愛されるだろうか・・・そんなことを考えてしまった映画でした。

  • hir********

    4.0

    なんだかね・・・・

    どーも、ふざけたジジイです。 そろそろアジサイの季節ですなぁ・・・ 「ことの終わり」1999年度作品。ニール・ジョーダン監督。 男と女の中に生まれる「誤解」と「嫉妬」についての物語。 愛すればこそ、男は女の裏を覗きたくなり、「真実」を求めようとする。 人間というのは不思議なもので、人を好きになると、その人の「すべて」を知りたくなる だが、「人間の生活」など、そう大差は無い。 そこに「付加価値」を付けてしまうのは、恋という魔力のセイである。 自分の好きな人が、自分意外の者に抱かれている。 そう考えると、人は「嫉妬」という醜い感情に支配される。 だが、人は人を「支配」する事はできない。 それが「できる」と、思う事も、恋という「魔力」のセイだ・・・・ 「ことの終わり」 貪り合い、愛し合った「人妻」との情事。 そして、突然、姿を消した「人妻」への想い。 まぁ・・・・なんとも・・・・大人の恋で御座います。 彼女との結婚準備で、次々、キャバ嬢と「お別れ」している今の自分にとって、 なんとも、シンミリしてしまう映画で御座いました。 なんだかねぇ・・・・ 男と女って、何だろうねぇ・・・????? 結婚したら、嫁さん以外の女性を好きになっては、いけないのだろうか? 俺は、嫁さんに自分以外の男がいたとしても、気にしないけどね。 だって、人間というのは、「出会い」でしょ。 多くの人を知った方が、多くの人生を観れると思うんだけどなぁ・・・・ まぁ、映画の方は、無難な方向に落ち着くんだけれど、 「不倫」=悪女というのは、あまりに、アメリカ的ではなかろうか? シュワルツネッガーに、この映画の感想を、聴いてみたい!

  • seawind

    4.0

    ネタバレ全身全霊で愛するということ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • b03********

    4.0

    ネタバレ肌が透き通っています。美しい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gar********

    4.0

    ネタバレ気軽に観れない、大人の恋愛

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中