ハリウッド・ミューズ
3.0

/ 33

15%
21%
30%
18%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • soc********

    4.0

    発想が面白い

    スランプに陥った時、ミューズを訪ねるとインスピレーションを与えてもらえスランプから抜け出せるという嘘みたいな話し。噂を聞いて主人公はミューズを訪ねますが彼女はわがまま放題。次々無理な要求をしてきます。 ミューズがシャロン・ストーンって、あんまり好きじゃないのもあってどうなんだろ・・・?と最初は思いましたが、次から次へと有り得ない要求をしてくる様は彼女のイメージには合っていたような。 実際の人となりは知りませんが『私は女優よ!』というオーラとか高飛車な印象は少なからず受けるので(ごめんなさい)違和感なかったかもしれません。憎たらしさが倍増で段々呆れてくる感じで(^。^;) 有名な監督さん本人が出てくるのがリアルで、実際裏でこんな事があったら面白いだろうな~と思いながら観てました。 評価低いですが私は結構楽しめました。

  • oce********

    1.0

    毒気も皮肉も何もない

    スランプになった脚本家のスティーヴンは、インスピレーションを与えてくれるというミューズの存在を聞きつける。 そこで何とか脚本のヒントをもらおうとミューズの様々なわがままをこなしていく。 ハリウッドが舞台だから毒のある部分があるかと期待はすれど、この映画はシャロン・ストーンがただただ要求を突きつけるだけのくだらない代物。 カメオで出てくるキャメロンやスコセッシなどの大物監督に、ミューズが助言を与えるぐらいなのが見どころと言えばそうなのかも。

  • jac********

    4.0

    溺れる者はわらわはミューズじゃ

    溺れる者=売れない脚本家(スクリーン・ライター)の前に現れたミューズ。 といっても神々しく現れたわけではない。 同じ脚本家の友達の家に行ったら、すれ違ったのだ。 てっきり、友達の浮気相手だと思って問い詰めたら彼女はミューズだという。 彼は彼女に相談してヒントをもらってヒット作を生み出したという。 何をバカなことを・・・。 とは思ったが、映画制作会社の契約を打ち切られて何とか素晴らしい脚本を 書かなければならない主人公。 「溺れる者はわらをも掴む」 信じてミューズ詣でをする。 すると、シャロン・ストーン演じるミューズも自ら「わらわはミューズじゃ」 といった振舞いをする。 ちょっと信じられないんですけど・・・。 しかし、ロブ・ライナー、マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン といった映画界の有名人が確かに彼女に会いにやってくる。 ということでミューズに振り回される売れない脚本家の奮闘を描く。 決して感動を呼ぶような映画ではないが、休日の昼下りにお気軽に楽しむにはうってつけ。 また、有名映画監督本人が出演しており、こんなこともあるかもなあなんて思わせてくれる。 ミューズの正体は何なのか? そんなことを追求する必要は無いのだ。 自分に恩恵を与えてくれるなら、似非ミューズだろうとペテン師だっていいじゃないか! 薬におけるプラセボ効果と一緒で、占い師やイタコの言う事を心底信じられれば、その通りに実行した時に本人の真の実力、いや実力以上に力が発揮されて良い結果が出るものかもしれない。 うしろ姿で一瞬だがシャロン・ストーンがベッドに入る時に素っ裸になる。 凄くきれいだった。 美しく見せる為に、計算されつくしたシーンだったのかもしれないが思わずアッと声が出てしまう程の美しさだった。

  • tan********

    4.0

    佳作

    コメディとしての面白みはそれほどないし、話も特記する点もないけど、ところどころに「おぉ~」と思わせる会話が出てくるので、なかなか楽しませてもらいました。結局、ミューズってのは嘘なの!?とか、最後のオチはどうなんだろうねぇとも思いましたが、暇つぶしにはちょうどいいかと。まあ、シャロン・ストーンは上手いとは思えど、あまり魅力的には思えませんでしたけどね。

  • nyj********

    4.0

    名声をもたらす女神がいた?

    ロブライナー、ジェームスキャメロン、マーチンスコセッシと大物が自身の役で出演している。彼らが本物で出てきているので本当にハリウッドにミューズがいたのではないかと思ってしまう。少し遊びの入った愉快な小作品。楽しく観終えた。

  • カッチン

    3.0

    期待しただけに・・・

     超豪華キャストと期待して・・・。この人の言うことを聞くと全て成功するみたいな・・・。またそれがシャロン・ストーンがミューズ役でロブ・ライナー、にM・スコセッシにJ・キャメロン監督にJ・ブリッジスにA・マクダウェル。。。期待しないはずが無い。  結果期待した分期待はずれ、あくまでも個人の感想ですが。。。

  • chu********

    2.0

    残念賞

    東京はここ最近めっきり春めいてきて 昨日なんかは春うららのぽかぽか陽気でした。 買い物に行ったらペットボトルのリサイクル機の前で 使用上の注意を大音声で歌い上げる酔っ払いに遭遇。 ...春ですね。笑 その後 職場に盗撮オトコが出現し ちょっとした騒動に。 ...めっきり春です。笑 一気に暖かくなると春オトコも一気に開花する模様。 みなさん 気をつけましょう。 で...。 レビューします。笑 愛すべきずんぐりむっくりコメディ俳優 アルバート・ブルックスが監督・脚本・主演ということで 前から観るのを楽しみにしてた作品。 評判はよろしくない。 むしろ‥悪い。 それでもちょっとだけひねくれのわたしは だからこそ‥観たいなぁと思ってましたよ。 まぁね、結果は想像通りでしたけど。 ハリウッドの大物たちが生み出す傑作たち。 それは裏で謎の女性の力を借りて作られたものだった。 これが作品の中心。 アイデアに行き詰まり 時代に取り残された脚本家が この女性の力を借りてまた表舞台に復活しようと 奮闘するというもの。 アイデアは悪くないんですけどね。 でも全体の印象としては「やっつけ仕事」 締切りにギリギリの土壇場でどうにもならずに こうだったらいいのになぁと夢見た妄想を 脚本にしちゃったような印象を受けます。 そいでもってそこにどうやって口説いたんだか 大物たち本人を登場させちゃったもんで 面白くない話に登場する大物たちとの ギャップが悲しい...。 スコセッシ、キャメロン、テイリーも これといったキャラを発揮することなく 顔見せ程度の印象しかなく。 ところどころにハリウッド裏事情の暴露みたいな 小ネタはあるもののやっぱ「やっつけ仕事」 主演のアルバート・ブルックスに ジェフ・ブリッジス、アンディ・マクダウェル 謎の女性にシャロン・ストーン キャスティングも豪華なんですよね。 アルバート・ブルックスとアンディ・マクダウェルの夫婦は まぁまぁいいテンポでしたけど この二人を除いてはどうもうまくかみ合ってないですね。 とくにシャロン・ストーンについては キャスティングミスとしか思えず残念でした。 シビル・シェパード(出演してるんです)に 至ってはどうしてこの扱い!!みたいな。 ファンなもんで...。 日本でも大物政治家がここぞという時にこぞって相談に伺う 大先生が裏にいるとかいないとか‥って話を聞きますが こんなのネタにしたら面白い映画ができそうですよね。 こちらを立てればあちらが立たず‥のような 話の厚みがあったらもう少し観れたかもですが 残念ながらこの作品にミューズの魔法は かかっていないようです。 音楽はエルトン・ジョンでした。( ̄▽ ̄;)

  • kei********

    4.0

    ジム・キャリー好き必見!?

    仕事をクビになった脚本家が、脚本家仲間に紹介されたミューズの元へ藁にもすがる思いで訪ねます。 ミューズとはギリシャ神話の詩と音楽の女神のことで、彼女からヒントを得て成功した人も多いという触れ込みでした。 ただ、このミューズがなかなかの曲者で主人公たちが振り回させられる作品です。 映画が好きな人は楽しめると思います。 舞台が映画界だからこその楽しみ方ができます。 あまり昔の作品などには詳しくない私でも知らない作品名や人名はありませんでした。 特にジム・キャリー関連のものが多かったので、ファンの方はニヤリとされるかもしれません。 ただ、勘違いされるといけないので書いておきますが、彼は出演していません。 また、映画「スタンド・バイ・ミー」などを監督したロブ・ライナー、「タイタニック」や「アバター」などを手掛けたジェームズ・キャメロン、「ディパーテッド」などを監督したマーティン・スコセッシなど錚々たるメンバーがカメオ出演しています。

1 ページ/1 ページ中