ここから本文です

(2000)

監督
君塚匠
  • みたいムービー 6
  • みたログ 18

3.27 / 評価:11件

ストリッパーである事が生かされていない

  • hi6******** さん
  • 2010年6月20日 13時33分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

おそらく、この映画の売りは、
「黒木瞳がストリッパー役を!」が売りなんでしょうが、
黒木は相変わらずで、どれも同じトーンで演じているので、
ストリッパーである事がドラマ上ではなんの特徴もない平板さで
吃驚としてしまいます。
また、踊りだけを延々に平板に写して、セミヌード止まりで
何とも拍子抜けである、
却って今村の方が堂々と脱いでいるが童顔である彼女では
痛々しさを感じる。
なんといってもストリッパーなので、なんのエロスを感じない。
かといって、取って付けた下町人情劇はすべてに薄っぺらなので
TVの再現ドラマを見ているみたいな平板さで吃驚します。
ありきたりな設定、平板な演技ばかりでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ