ここから本文です

デジモンアドベンチャー (1999)

Digimon

監督
細田守
  • みたいムービー 5
  • みたログ 280

3.09 / 評価:128件

泣くくらいの作品だった…でも…

  • syaranyako さん
  • 2020年3月10日 15時24分
  • 閲覧数 200
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

デジモンは1のみ大ファンで2はそんなに。
なので2の記憶はほとんどありません。1は私の青春だと言っても過言ではない作品です。
tri.は賛否両論色々な意見がありましたが、私は大号泣しました。
そんな私だったので今回の映画も大号泣すること間違いなしと思っていたのですが、なんだかほんの少し拍子抜け。
でもやはり泣きましたし感動しました。

もっと一人ひとりのメンバーとパートナーデジモンにスポットを当てて欲しかったけど、映画でそれは無理ですよね。

大人になるってこういう事なのかなぁ。自分とパートナーデジモンが一緒にいられればそれでいいって感じのメンバーがいたのにはとてもがっかりしました。
太一とヤマトのように葛藤しながらもあの頃の気持ちを忘れずに成長していくことのほうが珍しいのかもしれませんね。
大人になるという事、パートナーデジモンとの関係性、いつかは訪れる別れ。
色々考えさせられるアニメ作品であることは変わりありませんでした。
アグモンの「太一、大きくなったね」というセリフはこの先もずっと忘れないと思います。あの言葉の意味、重み。
彼らが出会った夏を、その後のそれぞれの歩んだ道のりを私は忘れません。

あと余談ですが、挿入歌とエンディングはButter-Flyとbrave heartwのみが良かったです。
そして重要な役を声優さん以外の方に任せるのは止めてほしいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ