ここから本文です

黒い家 (1999)

監督
森田芳光
  • みたいムービー 64
  • みたログ 1,204

2.84 / 評価:437件

久々にすごく怖い邦画ホラーみちゃいました

  • カトリーヌ さん
  • 2008年8月19日 13時34分
  • 閲覧数 5028
  • 役立ち度 43
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヤフートピックスの何かの記事で、この作品が
「怖かったジャパニーズホラー」の上位にランク付けされて
いました。

他のランクインしていた作品は、見たことのあるものばかりで
この作品だけが未見。

これ、お化けは出てこないんです。
でてくるのはお化けより怖い女です。


私は、最近日本のホラーには「怖い」と感じることがあまりなくて
可愛げないですけど、隣でみている夫を横目で見ながら、
「怖がっているなぁ、えへへへへ」なんて心の中で思ったりして。

ですがこれは・・・・ひっじょーに怖い・・ほんと怖かったです。
大竹しのぶのいっちゃってる表情が、気味悪くて気味悪くて・・

最近はフランス映画の「ザメッティ」とかいうのも神経磨り減るような
怖さを感じましたが、どこかおフランスのかほりが漂っていて、その
漂うおフランスが、ちょっと怖さを半減させて感じたんですね。
昨日は「オーメン」を再見しましたが、これまた、とてもクオリティの
高さを感じるホラーでしたが、でもやっぱーり、仏教国日本の主婦である
わたしには、悪魔のやることなすことが、ピンとこなかったんです。

そういういみで、邦画ホラーは安心して怖がれるのかもしれません。

それにしても怖かった・・・

大竹しのぶの、そのへんにいそうな普通のあの年代の女性の体型。

これで腰位置の高いモデル体型の女優さんだったら、リアリティは

半減したかもしれません。

でも、ちょっと難点を言えば、ホラーでありながら、なんか笑ってしまう

わけのわからなさがあるんですよ。

まぁ、そこはぜひ見てみてください。

その可笑しさが、私は結構好きでしたけどね。


まだまだ残暑厳しいですが、この映画で涼しくなって下さい。

ひょっとしてもっと嫌な汗かくかもですけど(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 笑える
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ