ここから本文です

愛染かつら 総集編 (1938/1939)

監督
野村浩将
  • みたいムービー 0
  • みたログ 55

3.09 / 評価:11件

花も嵐も踏み越えて♪

  • bakeneko さん
  • 2014年12月17日 6時07分
  • 閲覧数 835
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1937年から1938年まで雑誌『婦人倶楽部』に連載された川口松太郎の小説を同時期に映画化した作品で、前編・後編ともフィルムが完全な形で存在せず、前・後編を再編集した総集編を現在観ることが出来ます。「君の名は」と並ぶ和風メロドラマの決定版で、主題歌“旅の夜風”は誰もが耳にしたことのある流行曲であります。

主演:田中絹代&上原謙がすれ違う王道メロドラマで、都内の病院を舞台にしたシングルマザーの看護婦と若院長の恋が波瀾万丈に描かれていきます。助演に吉川満子、桑野道子、高杉早苗、水戸光子、河村惣吉、佐分利信、大山研二、斉藤達雄、坂本武…ら蒼々たる面々が出演していて、特に高杉早苗の我が儘妹と桑野道子の颯爽たる女丈夫の対照的な女性像も印象的ですし、“きっときっときっとですよ…”と、エコーで喋って琵琶も披露する岡本文子の怪演も光っています。
戦前の東京の野外ロケも生き生きと当時の風物を映しだしていて、走る列車や出入港する船にも時代の風情を感じることが出来ますよ!

ねたばれ?
出港場面の桑野道子のチャイナドレスは龍の模様が見事に決まっています♡

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ