ここから本文です

ミュージック・フロム・アナザー・ルーム (1999)

MUSIC FROM ANOTHER ROOM

監督
チャーリー・ピータース
  • みたいムービー 29
  • みたログ 228

3.60 / 評価:30件

恋とはどんなものかを映像で表現した作品!

  • hoshi595 さん
  • 2021年3月31日 3時36分
  • 閲覧数 154
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

題名にミュージックが入っているので、ミュージカル映画かと思えば、全く違った。心温まるロマンス映画で、「恋って、隣の部屋からふと聞こえてきた音楽を、いつの間にか一緒に口ずさんでしまうようなものなんだ」と言っている。

幼いときの特別な体験を経て、運命の出逢いを成し遂げた二人の物語であるが、周囲の個性ある登場人物がコミカルに描かれていて笑いながら楽しめてしまう。
主演は、「ガタカ」や「リプリー」の頃のジュード・ロウで若さが眩しい。

相手役は、「ラウンダーズ」でマット・デイモンの恋人役を演じたグレッチェン・ヒルだが、「GODZILLA」のレポーター役などクレジットなしの端役でも印象が残る不思議な女優。

しかし、主役を上回る存在感を示したのは、「チャイルド・プレイ」シリーズのティファニー役で知られるジェニファー・ティリー。彼女も「ライアー ライアー」や「小さな目撃者」などに出演しているが、ポーカーのプレイヤーとしても活躍している異色女優。本作品では、要の役を好演している。

運命って何だろう?と懐疑的になってしまう人にも、コインの裏表で決めれば良いのさ!と楽観的な人にも、納得がゆく結末が待っている。自分の心に素直に反応して行動することが、いかに難しいかだが、いろいろ理由をあげて前に進めない人には勇気を与えてくれそう。

何よりも、ジュード・ロウのファンにとっては、たまらなく彼の魅力が堪能できる作品。本人が一番素の自分に近いと発言するだけあって、自然体の演技が見られて身近に感じられるのが嬉しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ