ここから本文です

バトル・ロワイアル (2000)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 127
  • みたログ 5,309

3.78 / 評価:1,385件

あり得ない設定なのだが

  • KSHue さん
  • 2019年6月10日 10時44分
  • 閲覧数 436
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

あり得ないストーリーなのだが映像と演出にはまる作品。
殺戮ゲームに飲み込まれ残虐化する生徒。
八丈小島という不気味なロケ地と映像描写に引き込まれる。
賞を取った藤原達也や柴崎コウは無難だが、
殺人鬼と化す桐山役、安藤 政信がイカれかたのほうが凄い。
狂気の担任演じるビートたけしは文句なし。
死に方がまた独特。
社会問題にもなったこの作品、戦争とファシズムを連想させる。
中学生の殺し合いなのだがR15では中学生が観れない。
それが深作欣二氏の意図なのだろうか?計り知れない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ