ここから本文です

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル (2000)

監督
原恵一
  • みたいムービー 17
  • みたログ 827

3.85 / 評価:222件

アクション仮面大活躍!臼井先生登場!

  • jay***** さん
  • 2019年11月19日 11時53分
  • 閲覧数 283
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

臼井先生登場でレア。あと、ごう ごうたろうさん(アクション仮面)がかっこよかった!


大量のサルに誘拐された大人たち。このシーンは子どもながらに怖かったなぁ~。船員さんが電話中に窓からサルがバンッ!!!で張り付いて…。恐ろしかった。
大人たちが消えて取り残された子ども達。

大人たちを取り戻すために勇敢にジャンルへ向かう春日部防衛隊。途中、皆が持ってきたものがすんごいウケた。なんの役にも立たない。これが子どものやりがちなパターンだなと思った。
いつもはウジウジのまさおくんも大活躍?したし春日部防衛隊の活躍ぶりは最高だった。

そしてここら辺で重要キャラが出てくる。「ひまわり」「シロ」だ。危険だと分かりつつも、自分も行く!という強い心を持った赤ちゃんがいるだろうか?
しかし、兄であるしんちゃんや防衛隊を見て泣き出すシーンには「あぁ、あんなに強気でガンガン進んだけどよほどさみしい思いでここまで来たんだな。」感動させられた。

防衛隊とちがって飲み物持っていったし。(一番マシ笑)

ひまわりは暗黒タマタマより大分成長したな。

アジトに乗り込んで大人達を助けるべくロッカー(監禁室)を開け、たくさんの大人たちとケツ歩きで大勝利をおさめた!

さんざん痛め付けられたのだから、仕返しをするのは当たり前だと思う(個人的に)。
 
でもひまわりが泣いた瞬間、みんなの心が揺さぶられてそのまま帰してあげる…。
ここでは生まれて間もないひまわりの純粋さと優しさがとても強調されている。ひまわりを重点としている。タマタマの辺りだから。上手に表現されている。

アクション仮面とバクハツ頭の決闘。島(真面目)でも空中(コミカル)でも両方の個性的な戦いがあり、飽きないので観やすかった。アクション仮面のち○こってすごく強いんだね…。ネタバレコーナーなので書きますが、バクハツ頭は大量のダイナマイト使います。空中でバクハツ頭気絶。近くの大爆発寸前。アクション仮面はしんちゃんとだけ逃げようとする(しんのすけくん、逃げるぞ!)けど、しんちゃんが「このおじさんもだゾ。(指差し)」って言うシーンは何気にかっこよかった。アクション仮面はここまで気づく余裕はなかったのか、それとも放っておこうとしたのかは不明。

最後はちょっとあっさりして物足りなさがあったけど良しと。

この映画はしんちゃん映画の中では少し上に入るかと。

観ていて飽きない、みんな勇敢、ピンチをチャンスに変えた、キャラが個性的。

そんな映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • 恐怖
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ