ここから本文です

ざわざわ下北沢 (2000)

監督
市川準
  • みたいムービー 45
  • みたログ 96

3.40 / 評価:20件

ゆうなら世田谷全体がぬるま湯

  • achakick さん
  • 2009年4月12日 21時19分
  • 閲覧数 773
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

70点

コメディーチックな群像劇かと思ったら、内容は意外としっとりめ。
下北沢に暮らす登場人物たちのストーリーを散らした感じで描いた映画で、時々はさまれる下北沢の喧騒を切り取っただけの映像が、人物たちのつながりに臨場感を与えていてよかった。
だけど、人物たちに「外部からみたシモキタのイメージ」が味付けされているようで嘘くささを感じてしまった。
沖縄の人はみんな「色黒でやさしくて純朴」みたいな、外交的イメージのシモキタを映画に感じてしまい、下北沢周辺に住む自分としてはなんだか納得できないままだった。
「なかなか抜け出せない、ぬるま湯のような下北沢」に、本当に温泉が噴き出すラストも物足りない。
「たくさんの登場人物たちが、最後には同じものを見つめる」
そうゆう収束もよくあるありがちなもので、こんなもんかよ市川準、と思ってしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ