レビュー一覧に戻る
老親 ろうしん

dam********

5.0

テーマは重いのに、楽しい映画だ。

 老人介護という喫緊のリアルな社会問題に、絶望せず悲観せず、また口当たりの良さそうな空理空論をもてあそばず、本当に地に足をつけて正面から向き合うこと。  これがこの作品のテーマだ。  加えて、それと寄り添うようにして、人間としての自立、がもう一つのテーマになっている。それは、妻の自立であり、夫の自立であり、子供たちの自立である。さらにまた、老いたる者の自立でもある。  この映画が、何よりも優れているのは、介護の問題を決して他に転嫁せず、あくまで自分の問題として捉えようとしていることだ。問題は、他人事ではなく、自分の足下にある。同時に、それを家族の個々人の自立と緊密に結びつけたことである。  47歳の成子(萬田久子)は奈良・斑鳩の地で、7年間夫の父・兼重(小林桂樹)の世話をしてきた。専業主婦で長男の嫁というだけで、親戚から押しつけられ、冷たい目にさらされながら。  7年後、夫の大阪転勤が決まった。これで舅の世話から解放される。成子は躊躇なく離婚を切り出す。そして、東京に帰り、煩わしい夫の係累から解放され、新しい人生を踏み出そうとする。  ところが、その舅が大阪を家出し、東京の成子の家に転がり込んでくる。  ――  介護のテーマは、考えようでは、いくらでも暗く重くなる。それを、問題を直視しながらも、前向きに明るいタッチで仕上げていったところは、見事というほかない。ズシリと重いテーマを、楽しく愉快にさばいてみせた槙坪監督に、大拍手である。  成子役の萬田久子が、ドジなんだけど知的でかわいらしい女性という、難しい役所をしっかりと演じきっている。兼重役の小林桂樹ははまり役。娘の聡子役の岡本綾も実にバランスがいい。

閲覧数219