カオス

CHAOS

104
カオス
2.8

/ 83

7%
16%
34%
34%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(20件)

セクシー16.7%不気味16.7%切ない11.1%不思議8.3%絶望的8.3%

  • たーちゃん

    3.0

    ネタバレ狂言誘拐

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • taf********

    3.0

    お目目ぴくぴく

    死体のお目目がぴくぴくしてた。 死体役って難しいですよね。 リングの監督さんの作品は意外とハズレが多い気がしますが、この作品は悪くなかったと思います。 終始中弛み感はありますが、 中谷美紀さんの顔面の造形の整い方が尋常じゃないありませんでした。 どれだけアップにしても美しい。 羨ましいばかりです、

  • cyborg_she_loves

    3.0

    悪くはなかったです

     この監督の作品の中で、見て後悔しなかった数少ないもののひとつです。  中谷美紀さんの魅力と、あと、原作のよさ、でしょうかね。  妙なホラーにせず、ミステリーに徹したのがよかった。  萩原聖人さんの演技は、はっきり言ってヘタだと思いました。「演技してる」感が強くて違和感ありすぎ。  他の皆さんも、迫真の演技、からは程遠いですねえ。  俳優さんの演技力の問題ではなく、演出の問題だと思いますけどね。  中谷美紀さんの魅力は、これは演出云々とは関係ない、彼女のオーラですね。彼女の絶頂期だったんじゃないでしょうか。  原作の魅力、と書きましたけど、確かに「意外性」という点では魅力のあるストーリーだと思います。  が、リアリティ、という点に関しては、冷静に考えたら、こんな話が現実に成り立つことなんて絶対ありっこないストーリーです(ネタバレになるのは嫌なので具体的には書きませんけど)。  最近のミステリー小説って、読者の予想をどれだけ裏切るかを競ってる、みたいな感じで、思いっきり荒唐無稽に流れる風潮がある気がするのは私だけでしょうか。  予想外の展開という意味では最後まで楽しめましたが、「いやだけど、そりゃないだろう」という感覚も残りました。  

  • ここあ

    3.0

    もう少し、どうにかなったでしょう

    色々と遣いこなせていないし、振り切りが足りなくてもったいなさすぎる。 設定自体はとても面白いはずなのに、それをストーリーに織り交ぜていく過程での料理が下手というか。。 「俺も全てを捨てて来た」という割には捨てるほどのモノを持っていない黒田。(家庭は順風満帆な幸せ家族って訳でもなさそうだし、代り映えしない冴えない日常だし) 仮に「全てを捨てて」まで中谷美紀に惚れ込んだのなら、その表現も視聴者にとっては足りなかったと思う。中谷美紀の、黒田への感情の揺れ動きも同じで、尺は決まってるのにやたら焦らすからかったるく見えてしまってもったいない。何度かあった、二人の無言の中に流れるエロティックな空気は凄く良かったのに、だったらいっその事、黒田と関係を持った方が後々二人に感情移入ができた。 ネタバレに向かうに連れてのスピード感に欠けていて、もっとメリハリとテンポがあったらちょっとは違ってたと思う。 暗がりに浮かぶ、赤い口紅と傘のシーン、画のコントラストは凄く好き。 それにしても終わり方が急すぎてついていけなかった。どういう意図でのラストなのか、自分の撮りたい画も大切だけど、観客の目線を考えてくれていたら、もう少しマシな評価を得られたんじゃないかなと、残念です。

  • nyj********

    4.0

    魔女的な中谷美紀の魅力がある映画

    誘拐事件の謎とともに、モデル扮する中谷美紀の不思議な魅力にはまりながら観てしまった。彼女は一体何を求めていたのかはラストで全くわからなくなってしまったが、中谷美紀という女優に引き込まれながら最後まで一気に観てしまった。魅力的な女優を見た喜びを感じた映画である。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


萩原聖人便利屋・黒田五郎
中谷美紀津島さと美
光石研小宮山隆幸
國村隼浜口警部

基本情報


タイトル
カオス

原題
CHAOS

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル