ここから本文です

Avalon アヴァロン (2000)

AVALON

監督
押井守
  • みたいムービー 35
  • みたログ 559

2.92 / 評価:180件

攻殻ファン、押井作品ファンなら楽しめる…

  • chu******** さん
  • 2018年3月29日 21時16分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…かもしれません、

映画ゴーストインザシェルやイノセンスは、難解過ぎてほとんど理解できなかった自分ですがそれより観やすかったです

映像は少々昔っぽくB級映画な感じですが、同じような作品は観たことがありません、言葉で表現が難しいですが押井さん独特の空気感が満載です
ストーリーの続きが気になって世界に引き込まれました




※以下ネタバレ含みます※

攻殻では義体化や電脳化出来る未来ではどこからどこまでが自分なのか?という疑問の中で素子は義体を捨ててネットの世界に融合してしまいますよね、
アヴァロンもあまり幸せそうでない現実世界に肉体を置いてゲームの世界に入ってしまいます、これもまたひとつの攻殻のパラレルワールドと妄想させる様なシーンがあってファンとしては嬉しかったです
主役は日本人じゃないですが見た目がめちゃ素子っぽいし、イノセンスのわんちゃんが出てきたり、ゴーストってキーワードも出てきたりもします

ひとつ、アヴァロンのテーマ曲が流れる回想シーンはなんとかしてほしいw
急にPVみたいで違和感を感じました
先を知りたいせっかちな自分には思わず早送りしたくなってしまい…
回想シーンだけじゃない要素を入れるとかして欲しいな



もしネットやゲームの中に逃げ込んだとして、現実からさよならしたら死ぬ事とは何が違うのだろう、
逆に肉体が死を向かえたら意識だけでも生きていたいと思うかもしれないけどそれって幸せなのか、
全て自分の思う通りになる世界で幸せを感じ続けられるのか…
結局は厳しい現実世界にあってこそ幸せを感じる事ができるのかもしれませんね、甘い話はないなぁ涙
押井さんはそんな疑問を投げかけたかったのかわからないけど、色々楽しい妄想をさせてもらえた作品でした

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ