ここから本文です

メーテルレジェンド 交響詩 宿命~第一楽章~ (2000)

THE FIRST MOVEMENT OF THE SYMPHONIC POEM “DESTINY”/Maetel Legend

監督
横田和善
  • みたいムービー 0
  • みたログ 13

3.20 / 評価:5件

メーテルは美しい 

  • ann***** さん
  • 2009年5月15日 9時47分
  • 閲覧数 396
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

地球から惑星ラーメタルへ帰還した1000年女王ことプロメシュームはこの惑星の女王になった。この惑星は太陽を巡る軌道から離れアンドロメダ大星雲へ導かれてゆく。そのため凍てつく寒さに民衆は飢餓に苦しむ。民衆を助けるには全員機械化になることしか助からないとプロメシュームは考え義務化した。プロメシュームも機械化の科学者ハードギアの力を借り機械人間になった。ハードギアは民衆全員機械化にし自分がトップになることを考えていた。ハードギアの企みを知ったプロメシュームの娘メーテルとエメラルダスはハードギアと戦うことを決意する。ちなみにメーテルとエメラルダスだけ機械化に反対だった。

「メーテルレジェンド」の前半的作品。「銀河鉄道999」の大ファンだが他の作品は見ていないので細かい設定はよくわからなかった。矛盾点があるみたいだが、私的にはメーテルを見れれば良かったので満足はできました。今回のメーテルは白い服を着ていたので違和感がある。続きは後半のレビューにて。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ